FC2ブログ

おろしあ国 その4

2018-11-04 (Sun) 05:58[ 編集 ]
皆さん、おはようございます!

最近、ぐずついたお天気の続くこちらですが、日照時間のほうもだいぶ変化してきました。

いつも午前6:30に起床するのですが、窓の外はいまだ夜のとばりが明ける前で、時計がなければ何時なのか見当がつかない感じです。

7:30くらいになると、ようやくまだ見えない太陽の光が地平線から少しずつ漏れてきはじめ、仕事場に向かう人の群れが歩道を占拠し始めます。

車の交通量も決して少なくはないのですが、バスや徒歩で通勤する人がほとんどのように見えます。

こちらの公共バスは、路線内でれば、どこから乗ってどこで降りても、運賃は一律の20数ルーブル(日本円で40円くらい ※1ルーブルはだいたい2円で計算)ですから、下手に車を持つよりも安く、まさに市民の足となっています。

また、バスの本数も半端なく多く、たいてい1~2分間隔でいずれかのバスがやってくるので、バスを待つ、ということはあまりないように見えます。
そりゃ、冬のおろしあ国で30分もバスを待ちたくないですよね~。


さて、旅行記の続きですが、

モスコウからおよそ3時間半後、目的の町A市(としておきます)に到着しました。

現地では、友人のサーシャ達(サーシャはアレクサンドルの愛称、ちなみにミーシャはミハイルの愛称)が出迎えてくれました。
サーシャに合うのもほぼ10年ぶりでしたが、彼もほとんど当時と変わってなかったのですぐに見つけることができました。

彼に出会ってまず最初に頼んだこと、

それは日本円からルーブルへの両替でした。

そう、実は入国してから1ルーブルも持ってなかったんです!
(つまり全部、ミーシャが出してくれてたので、必要がなかったんですよね。)
まぁ、いざとなればクレジットカードで何とかなるだろう、とは思ってましたど、さすがに一文無しは少々心配、ということでまずは両替所へ。

駅からは車での移動となりましたが、車窓から眺める景観は、新しいビルやショッピングモールなどができてはいるが、10年前とそれほど変わらず、ソビエト時代を醸し出す昔ながらの建物や教会などもいまだに混在していて、確かにモスコウに比べると時の流れは遅いような感じです。

町の教会
教会 

時の流れが遅いと、人の老いも遅くなるのかなぁ、とあまり変わらないサーシャを見て思いました。
(ミーシャはしわの一本一本が深くなっているような気もしたし。)

町には、いくつかの両替所があり、おそらくドル・ユーロ・クローネなどを持ち込む人が多いのでしょう。結構繁盛しているようでした。

さて、自分の順番が回ってきて早速諭吉さんを係の女性に手渡すと、


なにこれ??



みたいな目で見られ、彼女の動きが3秒ほど止まりました。

うっ、まだデジャブが~。
10年前も同じ反応をされたのを覚えていたので、うろたえることもなく王者の風格で

ジャパニーズイェン!

と返すも、おそらく彼女の耳には、

ジャッキーチェン!

ぐらいにしか聞こえなかったのでしょう。
こちらを見るなり、

お前何者よ?


的な対応をされたのち、すかさずサーシャが後ろから、そのお札は日本円であることを説明してくれました。
ようやく信じてくれた彼女でしたが、一人では手に負えなかったらしく、後ろのドアから責任者のような男性もでて、ちょっとしたざわざわ感を作り出します。

諭吉さんもいいだけ調べられた挙句、真正なお金ということをやっとのこと認めてもらって、無事にルーブルへと両替できました。

それにしても、ルーブルの通貨価値が10年前の半分にまで落ちていたので、手にした金額は当時に比べて2倍となりました。

ありがとう円高さん!!
(この調子で僕のFX口座も倍倍にしておくれ、とささやかに願うのでした)

ようやく手にした現金を手に、早速近くのお店でジャンパーを物色することに。
予報では明後日には雪が降る、とのことだったので、まずはどんなものがあるのか調査。

キオスク 

おろしあ国の地方都市には、写真のような個人商店の集まり横丁みたいな一画がいまだにあります。
近くに大型ショッピングモールもあるのにもかかわらず、人々はこちらでも買い物をするようでして、一応小商売として成り立っているのでしょう。

日本では地方都市にイオンが来ただけで地元商店街は木端微塵だけど、こちらは一体何が違うのかね~。と思いながら、物色するも、あまりお気に入りのジャンパーが見つからず今日はひとまず帰宅することに。

ところで、こちらのお店事情ですが、昔に比べてあきらかに大型店舗の数が増えたように感じます。小規模イオンくらいのコンプレックスが、大通りでは2~3キロメートル毎にいくつか立ち並び、その隙間に下の写真のような個人商店が所狭しと並んでいます。

町の個人商店 

売っている品物は、というと肉・魚(干物か燻製)・野菜の食品から花卉・メガネ・文具・その他多種雑多なものが買えます。
もっと言うと、ショッピングセンターでも個人商店でも売っているものは、ほぼほぼ同じです。

金額は、というと若干の違いはお店によってあるようですが、それほど大差ないのか、あまり金額にこだわってお店を選ぶ人は多くないように見えます。
とにかく、人々はバス移動がメインなので品物をできるだけ家の近くで買いたい、ということなのでしょう。

また、こちらの物価ですが、国内で生産できる食品類は

非常に安い!


とくに夏の後半時期はスイカ売りの屋台があちらこちらに湧き出てきます。
サッカーボールくらいの大きさなら一つ200円くらいで買えます。

↓お店に並べる前と思われます
スイカ車 

リンゴも10個入りが200円程度、ジャガイモに至っては1キロ15円くらいです。
その他日本の半値以下で買えるものとして、

肉類(牛・豚・鳥)、卵、牛乳、チーズ、はちみつ、トマト、キャベツ、ニンジン、梨、きのこ類などなど、温~熱帯で取れるもの以外は、メチャメチャ安いです。
しかも品質も決して悪いわけではなく、ものによっては日本のそれよりも新鮮でおいしいと感じますした。

そのうち輸入業者でもやろうかな~、と思わせるぐらい、こちらにはおいしくて安いものがたくさんあります。

つづく。
スポンサーサイト



今日もマイルールを守れた人はクリック!

 &   &  にほんブログ村 為替ブログへ
為替・FXランキング & にほんブログ村

コメント

はいさーい、どらさん!
おろしあ国ではバスがすごい便利なんですねー
確かに冬のロシアでバス待ち20分とかはキツイですよね。

日本円がこんなに周知されてないとは知りませんでした!
両替、上手くいってよかったですね。
トレードではロシアルーブルとかチャート見たことないですww
今日トルコの「ズロチ」って通貨がいつも見てるFXプライムさんのチャートにあってびっくりしたけどw

とりあえず食品が安くて羨ましい!
私の大好きなスイカが一個200円とか。。毎日でも
食べられちゃうじゃないのー

ロシアの国のイメージが刻々と変わりつつありますw

商店街は意外と地味な感じなんですね。その後お気に入りのジャンパーは見つかりました?防寒対策大切だから
早く防寒着を手に入れてあったかロシアを満喫できてると
いいけどー

ロシアンレポート次も楽しみにしております!

そういえばロシアって国土がすごく広いけど、
国民は頻繁に飛行機とか使って移動するのかな?
それとも鉄道メインなのでしょうか?
有名なシベリア鉄道?w

それでは今週もよろしくさー!

Re: タイトルなし

> はいさーい、どらさん!
> おろしあ国ではバスがすごい便利なんですねー
> 確かに冬のロシアでバス待ち20分とかはキツイですよね。

はいさーい、姉さん!
そうなんですよ~。ここは変わってないですね。
車の所有率もだいぶ上がったようですけど、こちらの皆様はバスか徒歩!というたくましさです。

>
> 日本円がこんなに周知されてないとは知りませんでした!
> 両替、上手くいってよかったですね。
> トレードではロシアルーブルとかチャート見たことないですww
> 今日トルコの「ズロチ」って通貨がいつも見てるFXプライムさんのチャートにあってびっくりしたけどw

日本は一応隣国なんですけど、ヨーロッパ側の人たちにとってはあまり馴染みがないんですよね。
でも今日はモールのATMでクレジットを利用して現金を引き出せたのでもう両替所で困ることはないですww

>
> とりあえず食品が安くて羨ましい!
> 私の大好きなスイカが一個200円とか。。毎日でも
> 食べられちゃうじゃないのー

姉さんも来るといいさ~。
食べ物好きな人にとっては意外にもパラダイスよ~。
チーズやソーセージも安くておいしいし、太らないように気をつけてますw


>
> ロシアの国のイメージが刻々と変わりつつありますw
>

寒い、怖い、のイメージが先行しがちですが、思っているほどではないですよ。
今ウラジオストクがひそかな観光ブームっていうし、そろそろおろしあ国フィーバーが到来かも??

> 商店街は意外と地味な感じなんですね。その後お気に入りのジャンパーは見つかりました?防寒対策大切だから
> 早く防寒着を手に入れてあったかロシアを満喫できてると
> いいけどー

ジャンパーは結局借り物で済ませることにしました。
実は、ジャンパーよりも帽子のほうが防寒には大切で、帽子がないと脳みそが凍るぐらい頭がガンガンしてきます。
滞在残り半分ですが、風邪をひかないように耐え抜きマス。

>
> ロシアンレポート次も楽しみにしております!

ありがとうございます。
時間があればもっと書きたいと思っているので。。

>
> そういえばロシアって国土がすごく広いけど、
> 国民は頻繁に飛行機とか使って移動するのかな?
> それとも鉄道メインなのでしょうか?
> 有名なシベリア鉄道?w

とりあえず、こちらの人々の距離感が日本人それと全く違いますね。
徒歩30分は、ものすごい近い距離らしいし、300キロメートル以内の都市は近隣都市らしい。
車で1日で行けるんだ~、そんなに遠くないね~、みたいな(笑い)
たぶん、国内の東西の往来はあまりないように見えます。
モスコウ側の人は、自分たちがヨーロッパ人と思っているので、ウラジオストックだったら海外旅行に行くような感じでしょうね。

> それでは今週もよろしくさー!

明日はちょっと用事があってトレードが微妙ですけど、今週もよろしくさ~。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dragoncoo.blog.fc2.com/tb.php/855-9467c35b