FC2ブログ

10/30 のトレード 結果

2018-10-31 (Wed) 05:34[ 編集 ]
みなさん、おはようございます!

こちらは、昨日は寒かったですね~。

道路の水たまりには氷が張り、芝生には霜が降り、吐く息は白くなり、例年よりは遅くなりましたけど、ようやく冬の到来となりました。

昼間は、太陽が出ればその日光で暖かさは感じるのですが、いかんせん重く冷たい空気は、どうやってもすぐに温まるものではなく、一旦日陰に入ろうものならすぐに現実の冬世界に連れ戻されてしまいます。

それでもこちらの人々は、「だから何?」と気に留めることもなく見え、自分が行くべきところ、自分がすべきこと、その目的のためだけにただひたすらと寡黙に歩き続ける姿は、めっきり歩かなくなってしまった、特に日本の現代人がもう一度思い出さなければならない勇姿なのかもしれません。

って、道端の水たまりの氷を割ってはしゃいでる自分が言うことじゃないけどね。

さて、30日の結果です。

昨日に引き続き散々な結果でした。
今日は敢えて、ひどいトレードと思える5ポイントを挙げています。

ポン円
組立_20181030_GBPJPY結果

自分のなかには、「トレードルール」というものができているものと思っていましたが、機械的にやらなければいけないところ、臨機応変に行うところ、などなど曖昧な部分が多くありました。

昨日は特に、60分トレンドラインでのエントリーとエグジットについて、そのことがはっきりとしました。

今になって気づいたのですが、60分トレンドラインは5~10分で決着するものではなく、割と時間をかけて、あるいは2~3度挑戦して破るものなのだなぁ、と先週から結果を見直してわかりました。

一方で水平ラインの抵抗線は、反発が早かったり、何もなかったように素通りしたりします。

そして、60分ラインで勝負がついて場合は、すぐにではなく、わりとゆったりと方向を転換するもので、

ゆっくりと様子を見て、あるいはワンテンポ置いてからエントリーしたほうがトレードの成功率が上がることがわかりました。

これまでは、5テンポくらいエントリーが早かったですw



ただ、これまでと違うところは、ひどいトレードの記録をきっちりと残して、次のトレードに活かせるようにすること。

そのためには、エントリー数をもっと厳選して数を減らさないと、いくら時間があってもそれぞれのトレードの検証ができません。

ということで明日からはどんなに多くても5トレードぐらいになるように、ルールを作成していきます。

今までは5分足チャートでチャンスがあればいつでも入ってOKなルールでした。

これでも負けはしていないのですが、資産が増えているわけでもないので、そろそろ変革が必要です。

これでも多い!と思われる方もいらっしゃるともいますが、たぶんトレードルールを改定することによって適正な数に落ちつくと思います。

またこれまでに決めた最低限、機械的に守るルールも作成して、いつも冷静さを保てるように祖そばに置いておきます。。


たぶん何週間、何か月とこのような、ルール作成・実践・検証を繰り返して、血や肉になるものと思いますので、これだけはやめないで続けいくさ~。

では。
スポンサーサイト



今日もマイルールを守れた人はクリック!

 &   &  にほんブログ村 為替ブログへ
為替・FXランキング & にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dragoncoo.blog.fc2.com/tb.php/847-7d7279e1