FC2ブログ

仕事や趣味と両立するトレードスタイル 7

2018-09-20 (Thu) 08:25[ 編集 ]
みなさま、おはようございます。

今週末も3連休となっていますね。
連休は就寝時間を気にしなくて済むので不眠症には大変助かります。

ちなみに今週のトレードはマイナスです。

損切幅は20pips程度ですが、利確幅を50-100でとったので

想定内ですが、やはり先に損切に会ってしまいますね。

それでも昨晩のユロドルのショートは残っているので、

日足でのダブルボトムの二つ目の底に行くことを期待して

100pips取るか、損切に会うかまで放っておきます。

だって、 自分には相場は読んで柔軟に対応するのは無理ですからW



さて、前回からの続きになります。

内面の強み=メンタルの強みとも言い換えられそうですが、具体的にはどんなことでしょうか?


内面が弱い というと、

「決められたルールを守れない。」

とか

「ついついナンピンしてコツコツドカン」

をやってしまうなど、


やってはいけないと言われていることをやってしまう 

と自然に解釈されがちですが、


これは内面が強いことの対極に位置しているものなのでしょうか?


そもそも内面が弱いとトレードは絶対に負けてしまうものなのだろうか?


もしそうだとすると、「決めたルールを守れたら」その人はいつもトレードの勝者になれるのだろうか?

つまり、

メンタルが強い = ルールを守れる = トレードで良い結果をだせる

この方程式は果たして正しいのだろうか?

という疑問が自分の中にはあります。


言い換えれば、絶対に「裁量トレードをする」という前提だと、

すでにトレードにおけるルールに制限はなくなってしまうので

内面の強さなどは無関係になってしまい、

裁量トレードは必ず負ける、という結果になるのでしょうか?


これらの矛盾や疑問に対する解答はたぶん見つけられないでしょう。

そもそも、何か論点がずれているような気がします。


そうすると、このような見方での内面の強さ について考えた場合、

トレード結果に対しては、あまり 相関関係はない ような気がしてしまいます。


それじゃ結局、内面の強さがトレードに良い影響を与える時ってどんな時なんだよ!

となるのでそれはまた次回に考えたいと思います。





スポンサーサイト



今日もマイルールを守れた人はクリック!

 &   &  にほんブログ村 為替ブログへ
為替・FXランキング & にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dragoncoo.blog.fc2.com/tb.php/789-5253af35