スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検証で大切なこと

みなさん、こんばんは。

今日のタイトル「検証で大切なこと」ってなんなんでしょう。

一日一時間は過去チャートをテーマに沿って検証しているのですが、最近うすうす感じていることは、
先入観を持ってチャートを見ないことです。

理屈的な性格の自分は、チャートの動きに理由を付けて解釈するのが大好きですが、何年もやっているうちに
あまり意味がないこと感じ始めています。
なかなかこの感覚は説明しづらいのですが、チャートの動きの癖に理由をつけても惑わされるだけで、それはそのまま受け入れるしかないのかなぁ、と思うようになっています。
具体的に言えば、このラインでは買いがたまっているから、いずれ逆売買してしまうのである程度の高値で下がるだろう、とか、ブレイクを誘発するには損切パワーが必要であるとか、その他例を挙げればいくつも言えます。

でもそんなことって、一般の弱小トレーダーには必要ないですよね。理由を付けようがつけまいが、利確すればプラス、損切すればマイナスなのは変わりませんから。
経済評論家でそれなりのことを言わなければ自分の地位を保てないのならば別ですけど。

つまり、過去チャートを見て、ローソクの形や並び、取引量やテクニカルの各ラインなどをできるだけイメージとして残しておいて、その経験則で次の動きの可能性が高そうなほうに賭ける、それだけかもしれません。

結果として「検証で大切なこと」は、もちろんテーマを決めたり、一貫性を持たせたりすることですが、やっぱり、できるだけたくさん見てその動きの癖を覚えること、もっと言うと見た瞬間に次の手が見えるまで繰り返し繰り返し感じること、かもしれませんね。

それでは。
スポンサーサイト

コメント

No title
突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒http://blju.net/fx2/
でアンテナをやっているきみきといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。