スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月24日(日)0時00分

みなさん、こんばんは。

ニュースといえば、土砂災害などの自然災害の報道がほとんどを占めていますね。

ここ沖縄は、昔から災害とともに生きてきた土地柄なのか、

災害に対する県民の意識は高いのかもしれません。

台風の2~3日前から、身近にある飛ばされそうなもの、壊されそうなものはさっさと隠して、

水や食料の蓄えも確認します。

昔からある住宅は、それなりに強度がありますので、その都度補強などしなくても

ドンと構えているところもあります。

また、これは私見ですが、無理に100%守ろうとしないで、

ある程度の被害は想定しておく心の余裕もあるような気がします。


話はちょっと飛びますが、

先日のW杯の日本代表のように、

下手な自信が崩壊したときというのは、否応なく

目も当てられないほどの結果になってしまいます。

つまり、「自分達のサッカーをすれば勝てる!」と試合に臨んだものの、

開始直後に

「・・・・自分たちのサッカーまったくさせてくれないかも・・・。」

と世界とのレベルの差を実感してしまったら最後、

立て直しがきかずにずるずると悪影響だけが残ってしまいます。

自分たちのサッカーができなかったときにどうするか?

選手もマスコミも国民も気づかなかったような気がします。


災害対策もおそらく同じことだと思います。

想定された結果に対する対応と、それ以外の対応の両方を用意しなければなりませんよね。

FXなら言わずもがな、です。


さて、家庭の事情で約10日間のブレイクはありましたが、

来週からまたトレードを再開いたします。


いつもいつも、「これからは本気だ!」と言いながら

毎日は続けられない自分にほとんど絶望しながらも

「やめなければ終わりじゃない!」

と前向きにとらえてじっくりと進んでいきますね。


ドル円
時間足トレンド → 上昇トレンド
上値レジ予想 → 104.20
下値サポ予想 → 102.70 & 103.30

ラスト三日間で一気に上昇しました。それまでの上値抵抗と見られていた103.00を一気に突き破り、104円台まで到達しました。さすがにその反動か、104円台は割り込みましたが、それでも天井を付けたような下がり方ではなさそうです。4時間足で見ると、MAを常に上回り、上昇トレンドを維持していますが、ここからどれだけ上値余地があるかは来週の中ごろまではわからないかもしれません。次回のMAでの反発が104.20を超えられずに終えるようでしたら、Sを狙っていきましょう。ただし、重要な米指標が予定されているときはできるだけ上値のショート(高値更新後の急落)を狙いたいですね。取引量的には、まったく腰の入った上昇ではありませんので上値を追っていくような流れではないように見えます。どちらかといえば、「どうせまた下がるからSしちゃお!」みたいな個人トレーダーが担がれたような感じです。これが正しいとすると、103.00と102.50~60に小反発エリアがあるかもしれません。

ショート 104.20を頂点にした60分足のH&S、またはダブルトップで。狙いは103.30あたりまで。
ロング  103.00を割り込んだらロング。小反発狙いのため20~30PIPSで。


ユロ円
時間足トレンド → ゆるやかな上昇トレンド
上値レジ予想 → 138.00
下値サポ予想 → 137.30 & 137.00

ドル買いとユロ売りに挟まれながらも、若干ドル円の上昇に引っ張られた感じでしょうか。しかしながら、138.00を付けた後は売られています。8月の上旬の高値が目安として意識された結果でしょう。
ドル円同様に、夏季休暇のせいか取引量が少ないので大きなとれんどを作りそうな勢いは今のところ感じられません。はっきりするのは来週の中ごろと見てもいいでしょう。
来週に注目すべき点は、当然ながら138.00を超えられるかどうか、これにつきます。今は4時間足MA付近で踏ん張っていますが、ここで反発した後に138.00を超えられなければS目線で良いでしょう。損切するときも躊躇なく行えます。
一方でロングですが、ユーロ単独で買われ続けることは、今の状況では難しいですから下値を更新したときか、ユロドルが好転したときまで待つほうが良さそうですね。小反発狙いなら137.00のわかりやすい位置で、大きく狙うのであれば、136.50で待ち構えましょう。もちろん、2~3日以内が勝負ですが・・・。

ショート 4時間足のMAでの反発が138.00を超えられそうもないとき。
ロング 137.00からの微益狙い(リスクリワード1.00)
     136.50からの50PIPS狙い


ユロドル
時間足トレンド → 下降トレンド
上値レジ予想 → 1.3250 & 1.3275 & 1.3300
下値サポ予想 → 1.3220

こちらはどの足も絶賛下降中ですね。とにかく状況が変わるまで絶対にロングはしてはいけません。ただのギャンブルになってしまい、うまく利益が出たとしてもあまり良い経験にならないような気がします。
戻り売りの地点としては、1.3280付近で張り込み、1.3300で損切をしましょう。うまく利益が乗った時は1.32台の前半までは引っ張りたいですね。現在のユロドルは下手なことは考えずに売りだけで行きましょう。

IFO注文 1.3275ショート(損切1.3305/利確1.3230/リスクリワード1.5)

今年も残すところあと4か月です。
年始に立てた目標などどこへやら?という感じですが、辞めずに粘り強く続けていきますよ。

それでは。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。