スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月5日(火)23時30分

みなさん、こんばんは。

今日も地味~な動きが続いていますね。
大きなトレンドが出るのはいつのことやら・・・。

ただ米経済を考えるとやはりドルは強くなりそうですよね。
今が超長期でドル円ロングのポジを持つべきなのかもしれませんね。

さて、これまでの動きを振り返って予想を立ててみましょう。

ドル円
時間足トレンド → レンジ
上値レジ予想 → 103.00 (変わらず)
下値サポ予想 → 102.40 (上昇)

とりあえず102.50を割らずに来ましたので何とか持ちこたえている感じです。23時前より一気(とは言っても10数PIPS)の上昇が始まっています。とりあえず103.00を超えるかどうかですね。またも頭を叩かれるようなら大きく狙ったショートでも良いかもしれません。ショートを仕掛けるのなら明日の早朝にします。反対に、仮に103.00を超えたまま明日の東京市場を迎えたならロングでもよいですね。とりあえずここは待つことにします。

トレードは明日の早朝
103.00より上ならロング/下ならショート


ユロ円
時間足トレンド → 方向感見えず
上値レジ予想 → 138.00 (変わらず)
下値サポ予想 → 137.35 (下降)

こちらはドルと円の板挟みにあっています。今後もドルと円のどちらかの勢いに引っ張られていきそうな感じです。
現在は少しずつ下値を切り下げながらやや下向きですね。上昇時の勢いが弱いのでこのまま137.00までじりじりと行くかもしれません。長時間の足で見ても何か大きなきっかけがない限りは上に向かいそうもないので、今の時間でもショートはOKでしょう。ただし、ユーロ主導の下げと見えるので、ユロドルショートのほうが確実性は高そうですが・・。

ショート 137.50 (損切137.80/利確137.20/リスクリワード1.00)


ユロドル
時間足トレンド → 下降トレンド継続中
上値レジ予想 → 1.3440 (変わらず)
下値サポ予想 → 1.3300 (下降)

どれだけ買われる材料がないのでしょうか?4時間足のMAに届くはるか前に下落を開始しています。日足レベルでは昨年10月の安値に迫っていますが反発の兆しが見えませんね。もしかしたらユーロ崩壊のシナリオがもはや始まっていて一部の人は売りまくっているのかも・・・・なんて、まさかね。
とにかく今は買い時ではないので戻り売りを続けましょう。
エントリーポイントを逃してしまったら、戻ってくるまであわてずに待つことですね。

今日(これからの)トレードポイントはありません。


今日と明日は、ユロ円・ユロドルのショートを狙っていくことにします。

それでは。




スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。