スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月15日(火)のトレード前準備

もう夏真っ盛りの沖縄からこんばんは。

本当に暑い日が続いていますね!

最近の仕事は外回りが多いので、いくら車にエアコンがあるからと行っても、

一歩でも車から外に出るとうだるような熱さが襲ってきます。。

こんな日が続いていますので今流行?のコンビニのアイスコーヒーのようなものにはまっています。

ファミマのカフェフラッペはちょっと値段が高く感じますが、

ついついそれ目当てでお店に入ってしまうんですよね。

もちろん他にも商品を衝動買いしてしまい・・・・・見事に策略にはまっています。

もう少し無駄遣いを減らさなきゃ。


沖縄のコンビニ事情ですけど、基本的に

ファミマとローソンしかなく(COCOもありますが・・・)、ファミマの占有率が異常に高いんです。

道路から入りやすいところに限ってファミマだったりします。

ただ、もうすぐセブンが大規模出店するとかしないとかで一時期ニュースになりました。

いつぐらいかはわかりませんが、出店してもらえると

もう少し商品の幅が広がりますのでうれしいですね。


さて、本日の相場ですが、

日銀総裁の何かがあったそうですね。。。。このチャートの動きからは、まぁ大したことなかったようです。

それでは今日のこれまでを振り返って予想を立てましょう。


7月15日(火)午後23時25分

ドル円
時間足トレンド → レンジ (変わらず)
上値レジ予想 → 101.90 & 102.20 (変わらず)
下値サポ予想 → 101.00 (変わらず)

まったくやる気が感じられません。これまでの値幅が10数PIPSとは・・・・。正直、予想は昨日と一緒でいいじゃん!という感じですが、昨日よりは取引量も増えていてエネルギーが少したまっている状態ですのでどちらかに振れると大きく動きそうです。23時になりやや動きが激しくなりましたね。FRB総裁の証言が始まったようです。どちらに動いてもしっかりとついていけるように準備しましょうか。
まずは101.65を勢いよく超えた時ですが、一気に頭を叩かれることもありますので、ブレイクとは思わずにいったんは様子をみましょう。少なくとも60分足2本は見たいですね。また、102.50を割り込んだ場合ですが、一気に101.30を割り込んだとしても、戻り売りを狙いましょう。102.40を超えずに60分足MAに近づいた時の取引量に注目ですね。王道で臨んでみます。

推奨トレード
101.70ロング 60分足で判断 (損切101.50/利確102.10/リスクリワード2.0)
101.40ショート いったん下げてからの戻り(損切101.70/利確101.00/リスクリワード1.33)


ユロ円
時間足トレンド → レンジ (変わらず)
上値レジ予想 → 138.40 & 138.70 (変わらず)
下値サポ予想 → 137.90 (変わらず)

こちらもドル円に負けじとやる気のない相場です。値幅が30PIPS程度です。
昨日から続いていた138.40の壁での攻防ですが、いったんは跳ね返されたようです。一旦は138.00まで戻されましたが、それなりに反発しています。138.00より上での反発ですので前回安値を更新する感じではなく、これから次第で139.00に向かう流れができる可能性もありますのでショートは注意しておきたいです。ただ、最近のこの時間帯はドルに左右されますので合成通貨ペアであるユロ円がどこまでボラがでるかは微妙なところです。今日は長期戦を覚悟で行きます。
ポイントはクローズまで138.00を保持できるかですね。そのまま明日の欧州時間になだれ込めば上値を更新する可能性もあります。反対に時間をかけずに138.70あたりまでいった場合は逆張りのショートで仕掛けたいですね。
一方でこれから下落した場合ですが、5月以降下値を守り続けている最終ラインの137.70まではロングを待ちましょう。ロング後に20PIPS以上割り込んだときは潔く撤退です。利確幅は狭めにとり、短期決戦にしましょう。

推奨トレード
ロング 137.75 (損切137.50/利確138.00/リスクリワード1.0)
     NY終了後に138.00を死守ならロング(損切・利確ともに30PIPSほどで)
ショート 138.70 指値して寝るパターンでもOK(損切138.00/利確は明日まで様子見/リスクリワード?)


ユロドル
時間足トレンド → レンジ(変わらず)
上値レジ予想 → 1.3630 & 1.3650 (変わらず)
下値サポ予想 → 1.3580 (変わらず)

今現在、下値を割りそうな勢いで下げています。。。。。ここで乗るかどうかですが、難しいところですね。
なにやら欧州の国債が荒れているようですのでここは乗ってみるのも良いかもしれません。
最終判断は、最終防衛ラインである1.35800を割り込んだ後の反発力で決めましょう。とりあえず15分足に注目です。
ドテンロングは取引量が減少し始めてから考えても遅くないでしょう。

推奨トレード
1.3580ショート 15分足以上で陰線が続いた場合
1.3580ロング  取引量が減少したとき

ちょっとあいまいですが・・・・・様子を見ましょう。


それでは。



スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。