スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月11日(金)のトレード前準備

みなさん、こんばんは。

今週はわりと大き目なイベントもあり、先週に比べると動いている感じはありますが、

今日は金曜日ですので、ここからどれだけ値幅がでるのか・・・・心配です。


7月11日(金)午後23時50分

ドル円
時間足トレンド → 下降トレンド終了からレンジ?
上値レジ予想 → 101.90 & 102.20 (変わらず)
下値サポ予想 → 101.00

昨日は、リスクオフの円買いで101円割れを試すところまで行きましたが、結局は反発して101.30付近をうろうろしています。このあたりだとも一回101円割れを試す動きが出るかもしれませんね。101円付近には大きなストップもあるはずですから売り仕掛けに要注意です。ただし100円割れには一気に向かわないでしょうから100.50~100.80あたりにロングを仕掛けて就寝しても良いかもしれませんね。
ショートはやはり101円後半まで上がってからにしましょう。ここからでは値幅が出ませんので。

推奨トレード  100.80ロング(指値して寝る) (損切・利確ともに月曜日の午前中)
          101.80ショート 5~15分足での下値切り上げが崩れた時(損切102.10/利確101.40/リスクリワード1.33)


ユロ円
時間足トレンド → 下降トレンド終了からレンジ?
上値レジ予想 → 138.70
下値サポ予想 → 137.50


昨日のユーロ金融不安?説の影響で一気に値を下げました。ユーロはこれくらいいつも動いてくれると楽しそうですね。。。自分のトレード時間にですが(笑)。時間足での戻り売りの気配は今のところ感じられませんね。。。もしもあったのなら本日の夕方にもう一段階の下落があると持ったのですが。それどころか138.00まで一時的にですが上昇したことを考えるとさらに追加のネガティブ材料がないと137円割れには向かいづらいですね。狙い目としてはロングですが、137.50~65あたりまで落ちてからにしましょう。安値更新のチャンスにあまりボリュームが出なかったときに入りたいです。
一方でショートですが、138.00を超えてからのほうが良さそうですね。狙い目としては時間足での下降トレンドのチャネルの上限ですね。損切は138.70を目安に考えましょう。リスクリワードが1.00を切るようでしたら見送りです。

推奨トレンド 
137.50ロング 取引量が減っていることを確認してから(損切30pips/利確50pips/リスクリワード1.66)
時間足トレンドチャネル上限 ただし、リスクリワードが1.00以上のとき



ユロドル
時間足トレンド → レンジ
上値レジ予想 → 1.3630 & 1.3650
下値サポ予想 → 1.3580 (変わらず)

こちらはいつも通りトレンドが測りづらい動きとなっています。
現在の取引状況からみると下値(1.3580)を一気に割り込む可能性もあります。今ふと思ったんですけど、60分足よりももっと長い足で見たほうがトレンドが見えるかもしれませんね。4時間足では下降トレンドとみることはできます。
どちらに動くかまったく読めませんので、とりあえず上下のラインを決めてその周辺でロング、またはショートをしましょう。
1.3620ラインまできたらショートを考えます。また1.3580を割り込んだ後に戻りが弱い時もショートでしかけます。
とりあえず今のユロドルはこれくらい大雑把にするしか方法がありません。

推奨トレード
1.3620ショート (損切1.3650/利確1.3580/リスクリワード1.33)
1.3570ショート 1.3580を割り込んだ後の戻りが弱いとき (損切1.3590/利確1.3520/リスクリワード2.5)


これからの動きはおそらくダイナミックにはならないと思いますが、現在の様子の把握と予想だけはきっちりとやりたいですね。

それでは。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。