スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月1日(火)のトレード前準備 

みなさん、こんばんは。

月も変わり、為替にも変化が欲しいところですが、今日はクロス円が少し元気なようですね。

ユロ円はこのまま139円を突破できるかどうかに注目です。


それでは今日のこれまでを振り返って主要3通貨の予想を立ててみましょう。


7月1日(火)午後23時45分

ドル円
時間足トレンド → 下降トレンドからレンジへ
上値レジ予想 → 101.60 & 101.80
下値サポ予想 → 101.25

本日は101円割れに挑戦する姿勢を見せていませんね。現在の様子を見ると、ここ(101.50)から急落するようにも見えないので難しいですね。どちらかといえば、一度下げたらロングが良いかもしれません。ただし、102円は相当遠くに見えますので細かく刻んでいくべきでしょう。ポイントは101.30付近での反転です。15分足で一気に大陽線が出るなら積極的にロングを狙いたいです。

推奨トレード ロング 101.30(損切101.00/利確101.70/リスクリワード1.33)
        ショート 101.80(損切102.10/利確101.50/リスクリワード1.00)


ユロ円
時間足トレンド → 上昇トレンドへの挑戦
上値レジ予想 → 139.10
下値サポ予想 → 138.50

138円後半で反落するかに見えたユロ円でしたが、一気に139円の壁を突破しました。現在は、レンジから上昇トレンドへの挑戦中といったところでしょうか?先週は138.80が大きな壁となって上昇を止めていましたが、今日の終値が139円付近になれば明日以降は強気でせめても良いかもしれません。とにかく今は決着がつくのを見守りましょう。ブレイクが失敗と判断できるのは、もう一度139円を超えたあとに15分足以上で上ひげ陰線(陽線の場合は小さい実体)が出現したときです。それ以外は安易なショートは禁物ですね。担がれる可能性があります。一気に超えていくようであれば、押し目を狙いましょう。

推奨トレード ロング 139円を超えてからの押し目。
        ロング 138。50での反発狙い。
        ショート 139円付近での上ひげ陰線(小陽線)


ユロドル
時間足トレンド → 上昇トレンド
上値レジ予想 → 1.3700 & 1.3730
下値サポ予想 → 1.3650

昨日は一気の値動きで上伸しました。本日は若干売られたものの、一度は60分足MAで再上昇を試みました。1.3700の壁は思ったよりも厚く、一度目の押し目では頭を押さえられたようですが、このまま落ちるのか、再上昇するのかに注目です。ただし、先ほどMT4では1.3700にタッチしてから落ちましたのでこのまま下げる可能性も出てきました。
ただし、すぐにトレンド変換というわけではありませんのでここからのショートはやめたほうが良いですね。MAを割り込んできたので前回の壁であった1.3650付近での反発を待ちます。

推奨トレード ロング1.3655(損切1.3635/利確1.3685/リスクリワード1.00)


今週は米雇用統計も前倒しになるようですので、為替の停滞も早まるかもしれませんね。しかし、最近の傾向としては雇用統計の前にユーロが大きく動いていますので明日と明後日のユーロには注意を払うべきでしょう。

それでは。

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。