スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月18日(水)のトレード前準備

みなさん、こんばんは。

きょう未明にFOMCの発表がありますので、今は為替の動きが穏やかですね。

イラクやウクライナの地政学的リスクもありますが、やはり今夜の内容次第では大きく動くのでしょうね。

英ポンドも利上げが近い、という声明だけであれだけ買われましたので

追随する可能性もありますので要注意です。

とはいっても、明日も仕事ですので明け方まで起きるつもりはありませんが・・・・


それではこれまでの為替を見ながら予測を立てていきましょう。


6月18日(水)23時45分

ドル円
時間足トレンド → 上昇トレンド開始?
上値レジ予想 → 102.40 & 102.60 (変化なし)
下値サポ予想 → 101.80 & 101.50 (変化なし)

じりじりと上げてきたが102.30を頂点にずるずると下落し、現在は102円を割り込もうかというところ。
FOMCを控えて妥当な動きといったところか。上値抵抗である102.40を超えて102.50へ向かう勢いはまったく見られませんでしたので、やはりすべてはFOMC次第、といったところですね。
大きく狙うためには、ここ数か月続いている日足の上限と下限を破らなければいけません・・・それは明日の朝に判断しましょう。ただ、自分の最近の予想としては一度100円を切るような感じがしています。
ちょっとギャンブルですが、103.00でショートを仕掛けて寝てしまうのもいいかなと。(損切103.50/利確102.00/リスクリワード2.0)


ユロ円
時間足トレンド → レンジ
上値レジ予想 → 138.70
下値サポ予想 → 138.25

FOMC待ちということで、今までの売られすぎの状態から若干戻しているような感じです。従いまして、買いの力強さは感じられません。引き続き、どこでショートするのか、これに絞ってチャートを見たいと思います。こちらもドル円と同様に、140.00円くらいまで上昇すれば素直にショートですね。

推奨トレード 139.80ショート(損切140.20/利確138.80/リスクリワード2.5)


ユロドル
時間足トレード → 微妙に下降トレンド
上値レジ予想 → 1.3590
下値サポ予想 → 1.3520 (変わらず)

トレンドもくそもない無秩序な動きが続いています。現在は上値レジの1.3590まで来ましたので、素直にショートですね。損切は1.3600付近においておきますが、到達と同時に切る必要はないと思います。損切は時間との相談ですね。


今日はFOMC待ち、ということですので今の時間帯はあまりトレードチャンスはなさそうです。(ユロドルショートはOKですが、FOMCまでには決済しておきます)
明日の朝のチャートを見てからのトレードですが、ユロ円の振れ幅が、ドル円とユロドルよりも小さかった時に(つまり、ドル>円=ユロ、のとき、ユロドルショートを狙います。それ以外はたぶん手出しをしないと思います。

それではまた明日!


スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。