2013年08月の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抵抗線⑪ 抵抗線の種類 PART10

抵抗線⑪ 抵抗線の種類 PART10

みなさん、こんにちは。

いよいよ抵抗線の考察も終わりに近づいてきました。

今回は、抵抗線② 抵抗線の種類 PART1 において触れました

C ダブルゼロなどの心理的節目直前での均衡

についての考察です。

とは言っても、ダブルゼロなどの キリの良い値は

常にトリガー になっていると考えてよいことから、

今までに考察したAとBを組み合わせる

ことで充分に対応できると思います。

(もちろんキリが良ければいつもトリガー、というわけではなく、

そこに近づくまでの期間が重要となります。)

今回も画像に要点をまとめましたのでそちらを参考にしながら

説明を読んでいただければと思います。


抵抗線11 ダブルゼロ

まず、心理的節目の特徴として一番大きいのが、

トリガーの場所が あらかじめ予測できる ことです。

トリガーはどこにあるのかわからない、

ということを前提で今まで考察しました。

画像中の A通常のトリガー直前での攻防の様子 

は、一般的な抵抗線前の攻防の様子を記したものです。

基本的に 抵抗はぶつかってみないと確認できない 、

ものです。それも2~3度は必要です。

しかし、 はっきりとした節目では その必要が無く、

ぶつかる前、または直後に何らかの対応

(利確・新規)を用意している参加者が多いでしょう。

したがって、その違いをしっかりと頭に入れたうえでの対応が重要となります。


それでは画像中の B心理的節目のトリガー直前での攻防の様子

を見ていきましょう。


まず、大きな心理的節目に近づく、

ということは 既に大きなトレンドができている はずです。

ですから、多くの参加者の目線としては、

抵抗線突破に向いているものと考えられます。

しかしながら、先ほども触れましたように、

そのような 節目では反発・抵抗があることが必至 ですので

一回目の挑戦で突破できるとは

ほとんどの参加者は思わないでしょう。

したがって、抵抗が強くなったところで

一度利確をして様子を見る 事となります。

上昇トレンドであれば、通貨ペアにもよりますが、

一気に数十ピップスも下落することがあるので

注意が必要です。

ややもすると、トレンドが変換したのでは?

と思わせるチャートを描くこともありますが、

その判断は急ぐ必要はありません。

なぜなら最初に述べたように、

大きなトレンドがすでにできているわけですから、

一度の反発でトレンド反転

と決めつけるわけにはいかないからです。


その後、もしも テクニカル面で 教科書的な押し目位置、

例えばフィボナッチ38.2などで

再上昇が確認できたら 、それは

トレンド継続の可能性が高い と考えられます。

なぜなら、厚い抵抗を突破しようと仕掛けるには、

相場の勢いを一点に集中するような誘導を行い、

勢いをつけて抵抗にぶつける必要があるからです。

そのために、最も広く 一般的に利用されているテクニカル で

わかりやすい好条件を人工的に作り、

自分の味方を増やしていく ことが

強い抵抗を突破するための大きな手助けとなるのです。

仕掛けるほうも、ただ単純に肉弾戦を行うわけではなく、

効率的にエネルギーを集められるような細工を徐々に作っているのです。

言ってしまえば、ドラゴンボールの元気玉のような感じですね。


一度そのような動きが軌道に乗ると、

サポートラインがはっきり とわかるような動きになります。

特に、そのラインを崩さないような買いがあった場合は、

抵抗線突破の意思が強い動き、ととらえることができますので

うまく飛び乗るのも一つの方法だと考えられます。


このように、ダブルゼロなどの 心理的節目では 意外にも

テクニカルが重宝 されることがあると考えています。

スポンサーサイト

8月の月間収支

みなさん、こんばんは。

今日で8月も終わりですね。

なんか振り返ってみるとよくわからない一か月でした。

月の前半がほとんどできなかったことも考えると、

成績はさほど悪いわけではないんですが、

何といっても

含み損!

がありますので・・・。

ポジション量が少ないので

かなりの含み損にも耐えられるんですが、

将来のことを考えると、

もうそろそろこのやり方はここでやめるべきでしょうね。

8月月刊結果

ここまで来たら意地なので

クロス円ロングは絶対に損切しません。

もしかしたら9月は見てるだけの相場になるかもしれませんが、

それでもいいです。

プラス決済になるまで我慢します!

そうすると結局8月の最終的な資金量は

55044円となります。

7月からは若干のプラスになりましたが、

伸び率は今までで最低ですね。

(含み損があるので実質マイナスですが・・・)


上級者への道はまだまだ遠いですね。


現在のポジ
ドル円ショート 97.559 2000通貨
ドル円ロング  98.575 6000通貨
ドル円ロング  98.391 3000通貨
ユロ円ロング  131.800 1000通貨
ユロ円ロング  132.000 1000通貨
ユロドルショート 1.32322 1000通貨

含み損8000円くらいで推移
ドル円すべて99.30円で決済予定
ユロ円すべて建値決済予定
ユロドル しばらく放置

途中経過5

8月29日(木)の結果
ドル円ショート 2000通貨 97.559 保有中
ドル円ロング 1000通貨 97.69 → 損切97.50 -190円
ドル円ショート 2000通貨 98.151 → 損切98.214 -126円
ドル円ショート 2000通貨 98.207 → 同値撤退 ±0円
ドル円ロング 2000通貨 98.196 → 98.203 +14円
ユロドルショート 1000通貨 1.32414 → 1.32315 +97円
ドル円ロング 3000通貨 98.391 保有中 

合計 -205円

ただ今のポジ
ドル円ショート 97.559 2000通貨
ドル円ロング  98.575 6000通貨
ドル円ロング  98.391 3000通貨
ユロ円ロング  131.800 1000通貨
ユロ円ロング  132.000 1000通貨

だいたい6000円の含み損・・・
ドル円が99円くらいになれば借金完済できる
ところまで来ました!
全てのポジは99.3で指値を置いていますので
一瞬でもいいのでここまで登ってきて~。
がんばれドル円!

途中経過4

みなさん、こんばんは。

ん~、大分ドル円も上がってきたんですが、

今日のトレードは紙一重の差でほとんど損失ですね。

今日の今までの結果
ドル円ショート 2000通貨 97.559 保有中
ドル円ロング 1000通貨 97.69 → 損切97.50 -190円
ドル円ショート 2000通貨 98.151 → 損切98.214 -126円
ドル円ショート 2000通貨 98.207 → 同値撤退 ±0円
合計 -316円

ただ今のポジ
ドル円ショート 97.559 2000通貨
ドル円ロング  98.575 6000通貨
ユロ円ロング  131.800 1000通貨
ユロ円ロング  132.000 1000通貨

だいたい7000円の含み損
昨日より2000円くらい回復したかな。

早く借金を完済していつものパターンに戻りた~い!

途中経過3

みなさん、こんばんは。

ほとんどやることが無いので途中経過です。

保有ポジション
ドル円ロング
98.575 6000通貨
ユロ円ロング
131.800 1000通貨
132.000 1000通貨

ただ今の含み損
9000円くらい

今日の結果
ドル円ロング 97.034 → 97.654 1000通貨 620円
ドル円ショート 97.732 → 97.672 2000通貨 120円
合計 +740円

ユーロもっと上がってくれないかなぁ・・・。

それではまた。

途中経過2

みなさん、こんにちは。

昨日の急落でいまだに大量に含み損を抱えています(汗)
やっと少し落ち着いた感じに見えますが、
これから第二幕がはじまるのでしょうか?

97円で、懲りずにロングポジションを追加しましたので
現在は以下のようになっています。


現在のポジション

ドル円 ロング
98.575 6000通貨
97.034 1000通貨
ユロ円ロング
131.800 1000通貨
132.000 1000通貨

10000超の含み損ですね。
総資金の20%が含み損で推移しています。

もしもドル円がこれ以上下がるようなら
前回のようにどんどん買い足していきます。

今日ATM行かなきゃ・・・・。

それでは。

途中経過

みなさん、こんばんは。

家に帰ってポジを見たら大変なことになっています!

昨日のドル円ロングとユロ円ロングが真っ赤!

長期戦の覚悟で塩漬けします。

資金量が少ないのでなくなっても

大した傷ではないんですが、

それでもやばいです。

この調子で下がり続けたら

明日資金を一時的に追加するかもしれません。

大ピーンチ!!!!


なんで今日に限って大きく動くの???



それでは。

8月26日(月)のトレード準備

みなさん、こんばんは。

土日が過ぎるのって、本当にあっという間な感じがします。

今日はビーチに行って、

横目で子供を見ながら

浅瀬でのんびりと日向ぼっこでした。


9月より生活スタイルが変わるので

月曜日からは早起きしてその日の準備をするように

頑張ってみます。

とりあえず、準備はこんな感じで・・・。

準備0826


もう一度自分のスタイルを見直してみると、

まずは主要3通貨の60分足チャート(一週間分)

のトレンド分析から始まります。

前回高値と前々回高値、前回安値と前々回安値の4つのラインと

現在のトレンドで各通貨の状況を把握します。

基本はトレンドフォローで、

3組み合わせのうち一番強いトレンド

の出ている(出そうな)ものを狙います。

これに経済指標や要人発言などを絡めて

総合的に判断します。

エントリーパターンはロング・ショートにそれぞれ7種類なるので

合計すると14パターンになります。

この手法の詳細はいずれブログでアップしたいと思っています。
(長期的に成功したらですが・・・・)

実際のエントリーは5分足チャートに

切り替えて、サポートに乗った(外れた)時や、

抵抗で跳ね返された事が確認できた時など、

エントリーの条件をクリアしたら

晴れてエントリーとなります。

(ですが、精神面に問題があるときは早合点してしまうこともしばしば・・・)


損切は、以前は25pips以内で、と決めていましたが、

今は基本的にはありませんし、両建てをして損失の拡大にストップ

をかけることもありにしています。

利確は、トレンドに乗っている時は

しばらく放置することもありますが、

一時的と思われる反発や、レンジへ移行するときなどは

速めに決済するようにしています。

おそらく、ここの判断がが一番難しいところでしょうね。


さぁ、明日からまたトレードスタイルを変えていきます。

まずは寝坊しないように(6時20分起床)、

目覚ましをセットします。

それでは!

8月23日(金)のトレード結果

みなさん、こんばんは。

さっきまで家の前で近所の子供たちと花火をしていました。

沖縄は来月もまだ夏という感じで

暑いですが、ゆったりとした夜を過ごしました。


金曜日は、今月で最悪の日となってしまいました。。。

何が最悪かといえば、

操作ミス!

これです。

反省0823


いつの間にかポジが増えていたり、

決済されていたり、

ポジション量を間違えたり、

と散々な日でした。

もちろん、これはすべて自分の責任ですから

誰にも文句は言えないですけどね。はい。


まずは131.16ロングがなぜか1000通貨でした・・・。

3000にしたつもりだったんですが。。。

しかも中途半端な位置で意味不明な操作ミスによる決済。

う~ん、何と言っても131.40ロング!

なぜかポジを持って、これまた謎がきわまる位置での操作ミス決済。

はぁ~。

「あれ、いつの間にかポジが消えてる!?」

もう二度と言わないように対策を練っていきます。


週刊結果としては、金曜日の結果以外はわりと満足していますが、

何よりも、操作ミスからくるイライラがトレードの判断にも影響し、

さらには無駄な新たな操作ミスを生み出すことがある、

という自分の性格上の問題に気づけた点は良かったと思います。

まだまだトレード金額が低いうちに発覚したのは幸いでした。


これからも学ぶことがたくさんあるだろうなぁ、と思う今日この頃です。

それでは。


8月22日(木)のトレード結果

みなさん、こんばんは。

今日もクロス円が好調ですね~。

自分は完全に乗り遅れて今はただ黙って見ています。

今日のわずかな望みは23時の指標がとてつもなく悪く、

今までのトレンドを全消ししてくれないかなぁ~、くらいですね。

週末要因もありますので、

今からでは積極的にトレードは出来なそうです。

反省0822

昨日は操作ミスで一敗してしまいましたし、

実は先ほども操作ミスで損失を出してしまいました。

今週はマー君のように負けなしで追われると思ったのに!!

ってまぁ未熟な自分が悪いのですが・・・。


来月は仕事がもっと忙しくなるので

トレードを続けるためには生活スタイルを変える必要がありそうです。

一つの案としては、

トレード終了時刻を深夜0時にして、

6時30分に起床し、前日の反省と当日の準備を30分程度で行い、

夕食後にそのデータに基づいてトレードをする、というもの。

今までは夕食準備前にトレードの時間も取れたんですが、

来月からは無理になりそうなので

上記のようにする他無いようです。。


たぶん、慣れてしまえばこちらのほうが良くなるのでしょうが、

寝起きにトレードの反省って・・・頭働くかな?

来週はこのスタイルで挑戦してみます。


それでは!

8月21日(水)のトレード結果

みなさん、こんにちは。

昨日はFOMCが予定されていた影響で、

日本時間夕方以降は膠着状態が続きましたね。

それまではクロス円がいい感じで上がってきていたので、

取れた人も多かったと思います。

自分はというと、ここ数日とらわれていた130.89ユロ円ロング

がようやく救出されホッとしています。

反省0821


昨日は仕事が早く片付いたので、夕方に1トレード、

その後はスキャル3トレードでした。

FOMC前は大きなトレンドはできないだろうと睨んでいたのでですが、

やはりその通り、ほとんど目立った動きはありませんでした。


夕方のユロ円ショートは利確がかなり早いタイミングでしたが、

下値が堅そうに見えたので早々に区切りをつけました。。。

今日はクロス円が元気良さそうですね。

自分のトレード時間に入るころにはどうなっているのか・・・

楽しみではあります。

今日もがんばっていきましょう!

それでは。

8月20日(火)のトレード結果

みなさん、こんばんは。

やっとネット環境が整い、トレードに多少は打ち込めるようになりました。

昨日は3トレードでしたが、

スキャルが2トレード、通常が1トレードでした。

スキャルの結果は画像の中には入れていません。

通常のトレードのみです。

ユーロ円のロングで入りました。

反省0820

16時~18時できれいなV字を作っていたので、

一旦押してから入ろう考え、

MAにタッチしてからエントリー。

手法どおりでしたが、

MAは、ほとんど抵抗することなく割り込み、

あれよあれよという間にマイナスが・・・。

それでも何とか急上昇に助けられて、

ボリンジャー+2αで利確です。


運よく上昇気流に助けられました。

それでは今日はFOMCですが

とれるとことは取っていきましょう!

抵抗線⑩ 抵抗線の種類 PART9

抵抗線⑩ 抵抗線の種類 PART9

みなさん、こんばんは。

今回は、前回とは逆の、②が先に動くときのパターンを考えてみます。

まずは画像にチャートの動きをまとめましたので、

そちらをご覧になりながら

以下の解説をお読み下さい。

抵抗線⑩

図1ですが、

当然ですが、②④が先に動くということは

利確を目的 にすることになります。

①③よりも早めに手を打って

利益を確定させようという意図です。

したがって決済が行われる範囲は

エントリー値(前回安値付近)から現在値の間になります。


大量の買いポジションが決済された場合は、

図2のように前回安値付近まで現在値が下がることになります。

その時、前回に説明したように、

前回安値ラインからの反発を恐れた

①③のグループが決済を行う可能性 もあるので、

ここからは2通りに分けて考えます。


まず、①③が決済に動いたときが図3になります。

この場合は①~④の決済がそれぞれを打ち消しますので、

前回安値と高値の間を、一時的に方向感を失う感じで

推移するものと考えられます。

その後は、より大きいトレンド や、

新しい材料 によって相場に変化が現れることになります。


次に、①③が決済せずにホールドしたときですが、

こちらが図5になります。

②の決済により前回安値付近まで

現在値が下降すると、

短期筋である ④も同値撤退や損切を迫られる ことになります。

そうなると、前回安値を割る事も考えられ、

それにつれて 新たな参加者が新規の売りポジション

を構築することになります。

しかしながら、①③の売りポジションがまだ存在していますので

この後、一気に下落する動きにはなりません


最後に図6ですが、

こちらは①③が決済に動いた時になります。

しかし、新たに作られる

売りポジションと相殺 されるため、

値動きは激しくなると同時に、

上昇したとしても角度が緩やか になります。

その後①~④のほとんどのポジションが処分された後の

チャートの形をみると、

新規売りポジションが増えたことで

全体的にはやや下降トレンドになり、

前回安値ライン手前まで反発すると、

戻り売りの好機 ととらえることができます。

8月16日のトレード結果

みなさん、こんばんは。

この時間にやっと一息つくことができました!


先週は、ネットが超スローという過酷な条件の中

(ブログを開くまでに30秒くらいかかります。)

何とかトレードをすることができました。

(そのおかげで長期ポジはなくなりましたが・・・・)


突然ですが、来週から少しデータの取り方を変え、

それに伴ってアップする画像も少し変わります。

今日はその一発目なので

いろいろなところが空欄になっていますが、

来週からしっかりとしたものにしていくつもりです。

反省0816



資金も50000円を超えましたし、

マイペースを貫き、年内には20万円くらいまで

増えてるといいなぁ。

それでは。

同じ過ち・・・

みなさん、こんばんは。

久しぶりに書いたdragoncoo流FX考察、

いかがだったでしょうか?

相場をよく知ってらっしゃる方でしたら

噴飯ものだとは思いますが、

これからも長い目で見てやって下さい。



さて、金曜日ですが

久々にトレードを行いました。

が、しかし、思わぬところに落とし穴が潜んでいました!


長期保有用のドル円ロングを持っていますが、

この状態でドル円ショート(両建て)を行うと、

ショートのポジションが生成されずに

ドル円ロングが決済になるんでした。

参照記事

それを回避するためには、

注文画面で両建てを「あり」にチェックを入れなければいけないんですが、

そんなこと、とうの昔に忘れておりました。。。


そんなわけで残念ながら、

お宝ポジションになりかけ(?)ていた

95~96円のロングポジですが、

中途半端に決済されてしまいましたので

全て決済してしまいました。

(どうせなら木曜日にミスすれば良かったのに・・・)

また、96円前半まで落ちたら

ロングを狙っていきますね。


結果のほうは明日、チャートと合わせてアップする予定です。

それでは。

抵抗線⑨ 抵抗線の種類 PART8

抵抗線⑨ 抵抗線の種類 PART8

最後の投稿から半年以上が経過してしまいましたね。

長い沈黙をついに破って復活します。

これから不定期ではありますが、

更新を重ねてこの考察を徐々に

完成に近づけていこうと思っています。


さて、前回からの続きですが、

今回は、トリガーの攻防で防戦側が勝利した後、

①グループが先に動いた場合

について話を進めたいと思います。

説明をわかりやすくするために、

ある程度極端な表現になっていますが、

そこは笑って許してください。。。


まずは、今回の要旨を一枚の画像にまとめてみました。

下記の説明と合わせて目をお通しください。

抵抗線⑨


まずは、4グループの内訳ですが、

詳しくは前回までの記事を見てください。


トリガー防衛が成功したことで、

グループ②が利益をあげ、

グループ①が損失を被る、

という結果になります。

その後、何が 最初に行われる可能性が高い か、ですが

考えられるのは 、①の損失の確定 です。

FXにおいては敗戦処理が最も重要であると考えているからです。

ただし、無暗に撤退すれば良いというものでもないので、

どのような条件での撤退が好ましいのか考えてみます。


図1において、新規売りポジションを抱えた①の動向を予想してみると、

当然ですが、すでに被った損失を最小限にするには

含み益のまま売りポジションを決済し、

できるだけ利益を上げておくことです。

含み益が多ければ多い、

つまりエントリー値よりできるだけ安値を期待しますが、

前回安値での反発を考えると、悠長に待っていることはできません。

そうすると、 上下の赤細線で囲まれた範囲内での利確

ということに落ち着きます。


その後(図2)ですが、

①グループの撤退(売りポジションの決済)により

相場は一時的に上昇します。


それにつれて(図3)、危険を感じた③のグループもの中に

微益・同値撤退・損切のように決済を選択するものも出てきて、

相場の更なる上昇につながります。

ただし、この時にトリガ付近に残る 売りポジションは

著しく減少
することになります。


一時的に上昇した相場ですが、

この後は様々な条件のもと

上昇を続けるか、反落するかに、または停滞するか

道が分かれることになります。(図4)

今回は「停滞」は無視することにして

上下の両方について場合分けをします。


図5は、上昇したときのパターンです。

以前にも触れましたが、

上昇するためには、

新規買いポジションの構築、または

既存の売りポジションの決済、

の2通りしかありません。

しかし、ここではすでに

トリガー付近の売りポジション量はわずかと考えられるので

上昇した分はほぼすべて新規買いポジション

と考えるのが妥当です。

これが意味することは、市場のセンチメントが強気だ、

ということで、トレンド継続に強い期待感を持たせます。

このような時は

トレンドフォローでトレードするのが良いでしょう。


また、下落した場合の図6ですが、

下落の理由は、新規売りポジションの構築、

または既存の買いポジションの決済、

のいずれかになります。

この場合は上昇の時と異なり、

どちらの理由も考えられますが、

まずは、②④の決済が原因による下落と考えてみます。

下落後のチャートの形状をよく見てみると、

ほぼダブルトップを形成 していることがわかります。

また、直近のポジションが大量に決済された、ということは

実は市場参加者の手元に自由になる資金が戻った

と同じことです。

そうすると、次のエントリーを考えた時、

自由になった市場参加者は、

ロングとショートのどちらを狙うでしょうか?

大きなトレンドが逆向き、

または特殊な状況ではない限り

ショートでのエントリーが多くなるはずです。

また、仮に下落の原因が②④の決済ではなかったとしても

状況はさらにショートエントリー優勢になります。

新規売りポジションにより、それまでの上昇が圧迫され

②④のポジションのエントリー値付近まで下落すれば、

含み損になる前に

一斉に②④が決済に走る 可能性

が高くなるからです。

このような状況では一旦は上昇が止まり、

トレンドが頭打ちになる、

と考えたほうが良いでしょう。


次回は、

②が先に動いた場合

について考察していきます。


これからもよろしくお願いいたします。

DragonCoo流FX考察を復活させます!

みなさん、こんばんは。

お盆ということで、トレードも小休止されている方も

いらっしゃるとは思います。

今のところ相場も平穏ですね。


突然ですが、これから

DragonCoo流FX考察

を復活させます。


というのは・・・・理由は単純で、

今、ネット環境が最悪のため満足にトレードできません!

今年の春の修行中に考えたこともありますし、

これはFXの神様がくれたチャンスなんだと、

都合よく解釈し、連載を再開することにしました。

ただし、毎日毎日記事をアップすることは不可能ですから、

不定期にはなります。


とりあえず、前回の続きになりますが、

抵抗線⑨を次回にアップしたいと思います。

もちろん、ご存じだとは思いますが、

極端な我流解釈&考察ですので、

これをもとにトレードを実行されても

何の責任も負えませんのでご了承ください。


もしも、これからFXでガンガン稼いで億トレーダーになって、

ブログの記事もいずれ本になって

印税ががっぽがっぽ入ることになったら・・・・

ってこの時点でFXの神様に愛想を尽かされていますね。

はい、欲張ってはいけません。

FXでは、自分のできることだけを継続すればいいんです。

自分が学んだことを整理し、実行し、反省すれば

結果はついてくるはず!

と考えて頑張っていきましょう。


それでは。




ドル円ロング長期計画(12月上旬決済 OR 104.70決済)

96.946 (1000通貨)
96.687 (1000通貨)
96.316 (1000通貨)
95.957 (1000通貨)

98円で下値を固めてくれんかの~。

8月のトレード結果

みなさん、こんばんは。

もう市場もすっかりと夏休みモードですね。

売買に張り合いがなく、ひょろひょろとチャートが動いています。

とりあえず、米金融緩和の出口戦略は主役を譲りそうもありませんので

米経済指標は発言には注意していきたいですね。


ところで

8月の途中経過ですが、

ノートレです!

もちろん、長期戦略のドル円は除いて、ですが。


実は、転居してからというもの、ネット環境が不十分なんです。

7Gの容量を超えてしまいましたので

超低速の128キロで通信をしております。

しかもほぼ10分ごとに切断されてしまい、

トレードどころではないんですよ。

来週あたりに、光の工事が入り通常の環境に戻るんですが、

それまではトレードしたくてもなかなかできないと思っています。


まぁ、ちょうどお盆ですので

タイミングは悪くない、と言えば悪くありませんが・・・

そろそろ本気でDragonCoo流FX考察の続きでも書こうかな・・・

それでは。



ドル円ロング長期計画(12月上旬決済 OR 104.70決済)

96.946 (1000通貨)
96.687 (1000通貨)
96.316 (1000通貨)
95.957 (1000通貨)

もう戻ってくるなよ~!!

8月12日のトレード準備

みなさん、こんばんは。

新居に越してから一週間が経ちましたが、いまだに散らかっています。。。

普段から使うものはすぐに片付くのですが、

そうでないものは、手つかずの状態になっちゃうんですね。


8月12日のトレード準備
準備60分足0812


月曜日はおそらくほとんど動かなそうに感じます。

ボリンジャの上下でレンジ取引でもしたほうが良さげかな。。。

あるいは先週の反動で、クロス円の少反発があるかも知れない、と言ったところでしょうか。

自分はおそらく明日の米指標後の参戦となりそうです。


また、長期計画のドル円ロングポジですが、

こんな感じです。

96.946
96.687
96.316
95.957
95.600 (1000通貨予定)

金曜日終了時のドル円が96.254ですので

大きく負けていますね(笑)

一時は全ポジ含み益もの時もありましたが。。。


異次元緩和発表直前が93円くらいでしたから、

そこまでの円高は一応想定内としてとらえています。

ただし、そこから四か月たった今では、

米経済も回復基調ですし、

日銀の緩和量はFRBのそれよりも上回っているわけですから、

93円までは行かないのが当然ではないかと思っています。

おそらく95円台で下げ止まるだろうと見込んでのこの作戦です。

これから1~2週間はこのあたりをうろうろして

9月に差し掛かるころに

急激に円安トレンドが始まればいいなぁ、と期待しています。


それでは今週もがんばりましょう!

トレードと生活スタイル

みなさん、こんにちは。

もうそろそろ夏休みシーズンがピークに入ろうとしていますね。

ここ沖縄ではお盆は、本土とは違って19日(月)から21日(水)となっておりますので、

来遊いっぱいはまだまだビジネスウィークとして機能しています。


先月から今までは仕事が忙しく、なかなかトレードの機会が持てませんでした。

というか、トレードの準備のための作業ができずにトレードを見送っていました。

そしてこれからも更に仕事が忙しくなることが判明したため、

ちょっとばかりトレードのスタイルや準備作業を変える必要があります。


どうするか?ですが、

簡単に言ってしまえば、5分足チャートではなく、

60分足チャートを軸にトレードを組み立てます。

つまり、60分足トレンドの押し目・戻り・反転を取りに行くトレードです。

当然ながらトレード回数はぐっと減りますが、

準備としてのチャート検証の回数も同じだけ減ります。

毎日トレードのための時間がとれない兼業にとってはいたしかたなことだと割り切りましょう。


また、それにつれて損切・利確幅やタイミングもも大きく変更しなければなりません。

このあたりは、決め打ちすることはできませんので、試行錯誤しながら

結果をもとに考えていきます。


それでも、できるだけブログの更新回数は減らさないように、

と同時にトレードに対する意識も下げないように気をつけながら

仕事が忙しい間は続けていくつもりです。


4月~7月の間にほぼトレード手法は固まっているので、

あとはそれを大きい時間軸に当てはめるだけだとは思っています。

あせらず、欲張らず、しっかりと着実に歩んでいきます。


それでは。



現在の保有ポジション(ドル円ロング)
利確予定(12月上旬 OR 104円)

96.946 (1000通貨)
96.687 (1000通貨)
96.316 (1000通貨)
95.954 (1000通貨)
95.560 (1000通貨予定)

耐えろ、耐えるんだぁ~!



アベノミクス終了のお知らせ

みなさん、こんばんは。

今週はずっと円高が続いていますね。

ちらほらと「アベノミクス終了」がマスコミから聞こえ始めてきました。


さて、自分のトレードですが、

現在は、トレードルールを無視して

ドル円を買っています。

とは言っても1トレード1000通貨ですが。


これからどんどん下がっても、下がった分だけドル円を買いたいと考えています。

90円を切るぐらいまでは我慢できるように計算しながらやっていきます。

ポジションは12月の初旬(クリスマス休暇前)までは保持しようと考えていますが、

これは普段のトレード資金とは別枠でやるつもりで、

ファンダメンタルズのみを根拠としたトレードにするつもりです。


これから、どう考えても米の金融政策は緩和の出口に向かいますし、

日本はこれから米を上回るペースで市場に円を供給するわけですから、

ドル円で見れば、どう考えても昨年のような円高にはなり得ません。

仮に、これで円高になれば、円を大量に供給しても円の価値が下がらないわけですから、

国家の財産が、お札をするだけで増えることになってしまいます。

日本にとってはウハウハでしょう。

まさか、そんなことが金融市場で起こるわけがない、と考えているからです。


今現在の相場が、夏休み前ということで流動性が低く、

手じまいのドル売り円買いによって円高になっていますが、

米指標もドル円の反応ほど悪いわけではなく、

手じまいの理由として利用されているだけに見えます。

また、マスコミや経済評論家などがやたらと

円安トレンド終了をわめきはじめていますので

そろそろ数日以内に円安トレンドが始まる可能性があるのでは、

と思っています。


これは自分にとって初めての長期トレードになりますが、

一か八か、自分を信じて少しの間耐えていきたいと思います。


保有ポジション(ドル円ロング)

96.946 (1000通貨)
96.687 (1000通貨)
96.316 (1000通貨)
95.960 (1000通貨予定)

さぁ、どうなることやら・・。

7月第5週のトレード結果&月刊結果

みなさん、こんばんは。

今日2度目の更新になります。


とりあえず今月の結果をまとめてみました。


7月第5週の結果&月刊結果
結果201307月刊結果


無駄なトレードが少なかった分、数値としては悪くありません。

目標だった50000円も超えましたので、

とりあえずこれまでの半年間は成功だったといえるでしょう。

最近になって今の自分に一番必要だと思ったことは、

欲張らばいこと!

これです。

つまり、資金量の増減でトレードスタイルが崩れることが

絶対に無いようにすること、

ということです。

数百トレード後に久しぶりに資金量を見てみたら

知らぬ間に10倍になっていた!

ぐらいの感じが良さそうです。


ぜひ、そうなれるように精神面というか、

欲にとらわれることのないトレーダになりたいものです。


それでは。


忙しかった~!!

みなさん、こんにちは。

またまた久しぶりのアップとなってしまいましたね。

先週は、県内ですけど転居もあり、その作業で時間に追われてしまいました。

いまだに段ボールが散乱していますが、だいぶ片付いてきましたので

これからは少し時間が取れそうです。


とは言っても、いつの間にか7月が終わっていました!

7月の後半はほとんどトレードができなかったのですが、

一応後程月刊結果をまとめておきたいと思います。


さて、今月はなんとか頑張ってトレードを行っていきたいのですが、

まずは過去2週間分の情報をいろいろなブログやサイトで復習して

これからに備えます。


それではまた後ほど!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。