2013年07月の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月29日のトレード準備

みなさん、こんばんは!

いや~、さっきまでサッカー見てましたけど、おもしろかったですね。

1軍と2軍の差はさておき、やるかやられるかの内容だと

一時も目が離せなくて、見る甲斐もあるってもんです。

それでいて最後は劇的な決勝点による勝利ですから

日本人としては久しぶりにスカッとする代表(?)の試合でした。

ところで韓国側のメンバーってやっぱりA代表よりは少し落ちるくらいでしたか?

あれがベストメンバーではないでしょうkど・・・。


さて、今週も仕事が忙しくなりそうですが、

できるところまで準備と実戦をやっていきます。

おそらく8月は今の1000~2000通貨よりは

少しロットを上げる予定でいます。

もちろん、たいした金額ではないのですが、

しっかりと実力がつくまでは、これで十分だと思います。


7月29日のトレード準備
準備60分足0729


これから夏休みシーズンに入るところも多いでしょうから、

流動性が低くなっていきそうですね。

また、緩和マネーの逆流が予想以上に副作用を起こすことが露見しましたので、

FRBもかなり慎重に出口戦略をこれからは進めるんでしょうね。

そうするといくら長期的には円安といっても、

2歩進んで1.5歩下がる、くらいの感じかもしれません。





さて、今日ですが、

今dragoncoo的に一番興味があることを書きたいと思います。

それは・・・・










歌です。

上手に歌う方法です。


何でまた、突然??

ですよね。


理由は簡単なんです。

娘(5歳)がカラオケに行ってみたい、と言い出したからなんです。

何を隠そう、自分は

泣く子ももっと泣く、

というか、泣く子の声のほうがまだ100倍ましなくらいの音痴です。


今月は、ブログをアップする体力と気力は尽きたのですが、

ヴォイストレーニング関係のブログだけは目が死ぬほど見てました。

とにかく、親父の威厳?というか

パパって歌上手~!!と言われたいというか、

少なくともへたくそだとは思われたくないです。。。


というわけでちょっと覚えたことを書いてみたいと思います。



〇 基本 とにかく力を抜くこと。力まず、リラックスして歌うこと。

 まぁ、それはそうでしょうね。でもそれだけで上手になったらみんなが歌手になれてしまいます。

 でもこれって、あいまい過ぎて具体的にどこに気をつければ良いのかわかりません。


ということで、なぜリラックスしなければならないのか自分なりに調べて考えてみました。すると・・・


人間の耳に心地よく浸透する音というのはその振動(ヘルツ)が決まっているそうです。

つまりその振動を作り出すためには、声が響くための空洞(ギターの中身)みたいなものが

大切で、力むことによってその音の反響が阻害されてしまうようです。


なるほどねぇ~、と思いましたが、それだったら口の大きい自分なんかは

他の人よりも上手に歌えてもいいんじゃないの?って感じです。


ということで更に音痴の原因を調べてみると、

今度はどうやら

声が発生する源である「声帯」に関係があるらしいことがわかってきました。

声帯とは簡単に言ってしまえば喉の奥にある両唇みたいなもので、

開閉か可能で、しかも伸縮もある程度はできます。

唇が閉じられた状態から無理やり息をふきだすと、

「ぶぶぶぶぶぶっ!」て震えながら音がしますよね。

そんなようなことが喉の奥で起こっているらしいのです。

(かなり大雑把に説明しています。。。)


そして、一般に、通る声と通らない声の違いは、

音が発生する段階で、空気が十分に音に変換できているかどうか、

ということらしいです。

つまり、通る声というのは

空気が無駄なく音に変換されていて、

この時の声帯はほぼ「閉じた」状態になっています。

反対に通らない声というのは、

必要以上に空気が漏れていて、

声帯が「開いた」状態になっているのです。



ほぉ~、そんな違いがあったんですね~、と感心しました。

ということは、自分が森本レオの声みたいに、

声帯の閉じ具合によっては

すっ、と誰の耳にも入るこえにもなれるっていうことかな、

と希望が湧いてきます。



ただ、この声帯を自由に操る、というのがかなり厄介らしいのです。

そもそも声帯には神経が通っていないので、

それが閉じているのか、開いているのかは実際に感じることはできないんだそうです。

むりに喉の筋肉を使って締め付ける動きをしても

正しく声帯が閉じられているのかは素人にはわからないそうです。

ですから、プロのボイストレーナーに指導してもらうなどして

正しい道を歩まなければ、自己流は、喉を傷める原因にもなるかもしれません。



あ、ちょっと長くなりましたので続きは次回にします。

それでは今週もがんばりましょう!
スポンサーサイト

7月第4週のトレード結果

みなさん、こんばんは。

dragoncooはちゃんと生きてます(笑)

今週は仕事が忙しく、といっても夜は参戦できましたが、
ブログを更新する気力までわきませんでしたので
ちょっとの間お休みしていました。

トレードもあまりできず、結果のアップは一週間まとめて行いたいと思います。

7月第4週の結果
結果20130722-26


今週は参院選も終わり、自民は単独過半数をとれませんでしたので
ポジティブサプライズもなく順当な結果になりした。
こうなれば円安の追い風もある程度は和らいでしまうので
まずは市場の出方を伺う、ということで様子見から入りましたが、
案の定、じりじり下げだした上に、弱い米指標で追い打ちをかけられました。

一方でユーロはその受皿としてもっと上昇するかと思ったのですが、
こちらもじりじり、という感じで相場に方向感があまり出ませんでした。

正直、こういう指標や発言で方向転換する相場は、
大きく取れる可能性もある反面、入りづらいですね。

仕事の関係もあり、7月第5週もあまりトレード機会は多くは取れそうにはありませんが、
そのぶん、8月の本格復帰に向けて、トレードスタイルを完成まで持っていけそうです。


4月~6月の修行と、その後の7月の復帰で学んだ大切なことの一つに、
「勝っても、負けてもトレードスタイルは変えるべきではない。
特に勝っている時こそ変えてはいけない。」
ということです。

今まで10000円から始まって、数百トレードをこなしながら
50000円まで持ってきましたが、停滞期や後退期はいつも
勝ち続けた後に来ました。

これだけ勝ったんだからもっと勝てるはず、
と考え、トレードの頻度を増やしたり、
利確幅を予想以上に広げたりした挙句に
いつもしっぺ返しを食らってました。

また、勝っているときは
時間の経過が遅く感じました。
これはどういうことかというと、
例えば、ロングで利確した後は、今度はその押し目を狙うのが
セオリーのはずですが、十分に落ちるとまで待てなくなってしまうのです。
中途半端にロングしてしまうと、ギリギリ損切に引っかかってから上昇、
という結果になってしまうこともよくあります。
ひどい時には、もう天井だから、といって利確後はドテンでショートを
持ってしまうときもありました。

勝っている時、さらに言えば、利確した後の策もしっかりと
準備するべきだったのです。

単純にエントリーとエグジットのベストポイントを探し出すだけなら、
それほど難しいことではない、と感じるように今はなっています。
今、なかなかFXで勝てない、と感じている人はとにかく
過去チャートをしっかりと研究して見てください。
検証のポイントがわからない、という人はとにかく一つ
何かに絞ってみてください。
それは、移動平均でも高値安値でもボリンジャーバンドでもピヴォットでもいいです。
最初のうちはいろいろなものを組み合わせないほうが良いと思います。
検証に失敗、ましてや破産などないのですから。

結局のところ、FXで勝つために大切なのは
チャンスが来るまで待って、確実に行動できるか、ということです。
その全ての行動をつかさどるのが感情です。
「勝ちたい」「負けたくない」、このような気持ちは
トレード中には全く不要なものです。
その気持ちはトレード時間以外の勉強の時にこそ必要なものです。

つまり、トレード中は無心で行い、トレード外では情熱を持つことです。

参院選の結果から書き始めて、最後は偉そうなアドバイスになってしまいましたが、
これらは実際の自分の経験で覚えたことです。
もしかしたら、どこにでもありふれている内容かもしれませんが、
自分の経験と照らし合わせて、本当にその内容に同意してもらえるときが来たら
それはトレーダーとしての成長の第一歩だと思います。

さぁ、自分も来週もがんばりますよ。

それでは。

7月22日のトレード準備

みなさん、こんばんは。

さぁ、参院選挙も終わって、明日からはアベノミクスの本音が見られるかもしれませんね。

過半数さえとってしまえば、あとは与党の思った通りにできますもんね。

そうすると今までのような国民に対するリップサービスは少なくなりそうです。


7月22日の展望(3通貨60分足)
準備60分足0719

今回から少し修正を加えました。

訪問されている方々はたぶんご承知だとは思いますが、

あくまでもこれらは私的見解ですので・・・

投資は自己判断でお願いいたします。




選挙ですけど、

個人には白票を、政党は維新に入れてきました。

これが自分の考えに一番近い一票だったと思います。

さて、久しぶりにトレードとは関係のないことを書きますが、

今日はやっぱり少年の犯罪ですかね・・。


広島の事件についてですが、

いろいろ思うことを書こうと思っていたんですが、

次々と新情報が出てきてますので、

もう少し詳細が分かってからのほうが良さそうですね。


ただし、一つ言えるのは

親(または同等の存在)の愛情や教育で人間は形作られる、

ということが、残念ながらこの事件ではっきりしました。

子供の可能性や潜在能力は無限大であるがゆえに

無知から始まります。

無知は全ての情報に対して取捨選択の手段がありません。

その無知にインプットできるのは

周囲の大人だけであるがゆえ、

人としての基礎はその子の置かれる環境が全て

と言っても過言ではありません。


われわれ社会人としては

全ておきたことを対岸の火事と考えずに

責任を持って大人としての義務を果たすべきでしょうね。

それでは。


7月18・19日のトレード結果&7月第3週の結果

みなさん、こんばんは。

週末が少し忙しくてブログの更新が滞ってしまいました。

ですので今日は木・金曜日の結果と週刊結果を一枚にまとめてアップします。

結果20130701819


今週もなんとかプラスで生き残ることができました。

また、かねてからの目標であった資金50000円も突破することができました。

思えば、4月に一旦修行に入ろう!と思った理由は

この50000円の壁を突破できなかったからでした。

それまでは、いつも50000円に近くなると欲が出て(?)

なのか、無駄なトレードを繰り返して何度も後退し、

精神的にも落ち込むことがよくありました。

今月は、あまり重圧に思わずに、淡々とトレードできたのではないかと思いますので

少し自分を褒めたいな、と思います。


来週の展望ですが、参院選挙はだいたい予想通りで株価も相応に反応するとは思いますが、

為替は一気に円安へ、とはいかなそうだと思います。

金曜日の忘れ形見である、ドル円100.369ロングが今のところ

含み益がありますが、月曜の朝一で決済するつもりです。

もしも上窓を開けるようであればオープン後にすぐに利確します。

下窓の時は様子を見てホールド、または微益撤退します。


それでは今週もお疲れ様でした。

7月17日のトレード結果

みなさん、こんばんは。

バーナンキさんは、これから夏休みだそうですね。

そうなると特に爆弾投下はなさそう、ということで

今日はここで終了です。

今はユロドル1.31354ショートを保持しています。

とりあえず、金融緩和継続期待が最高潮に達してから

60分足で上髭が2本連続ででて、

その壁が前回高値と同じで、見事に跳ね返されていますので

これ以上のバクダンキ発言が無い限りは上値を狙うことは

少なくとも今日はないでしょう。

ということで

ストップはちょっと大きめですけど1.3180

指値は1.3080において明日まで放置です。

追記:この記事をアップしてからすぐに急落し、1.3093で利確しました。これは明日の結果として集計します。

結果201307017


今日も勝つには勝ちましたが、

利確ポイントがどれも最悪で、

待つべきところと見切るをつけるところの判断が

超下手くそです。

それでいて損切はコンスタントに20~30pipsですから、

損益率が上がるはずもありません。

もちろん勝率がそのぶん上がればいいんでしょうけど。。

こんなことを繰り返していたら

絶対に破産します。


ということで、

今日はいつもの60分足検証の内容を変更することに時間を使いました。

トレードの成功・失敗の原因を求めやすくすることが狙いです。

もちろん、トレードをしながら少しずつ完成に近づけ、

8月からの本格トレードに活かしていきます。

それでは。

7月16日のトレード結果

みなさん、こんばんは。

今日もちょっと早いですけど、ここで終了にします。

結局、昨日放置していたユロドルのロングがギリギリ損切に

引っかかってしまい、損失を計上してしまいました。

しかしですよ!

今日はユロドルがぶいぶい言わせながら上昇しているじゃないですか。。。

それを見てしまったあとは

またユロドルをロングをしようなんて気持ちが起こらず、

わけのわからないところでエントリーして損失と。

ということで今日は平常心がありませんのでやはり

トレードは終了が一番ですね。

結果201307016


ちなみに忘れ形見のドル円ロング(99.288)が孤軍奮闘しております。(22時25分現在)

米CPIも予想以上でしたからねぇ、

また100円台まで持って行ってくれんかなぁ。

それではまた明日。

7月16日のトレード準備

みなさん、こんにちは。

昨日はわりと平穏な動きでしたね。

今日も引き続き静かな動きになるかもしれませんが、

取れるところは取って、無意味にナンピンなどしないようにしましょう。

明日以降は動く要素もそろってくるので

大きなチャンスの前には身軽にしておきたいですね。

7月16日の展望(3通貨60分足)
準備60分足0716

とりあえず今日のポイントはユーロです。

強い上昇のまま終えてくれると

明日以降の傾向が読みやすくなるのですが・・・。




さて、いよいよ今週末は選挙ですね。

若いときはほとんど関心がありませんでしたが、

子供もできてこの年になってくると

一票をしっかりと入れていこうかな、と思うようになりました。


基本的には自分の考えとしては、

原発推進

米軍基地撤去反対

の2方針です。


もちろん反論のある方も多くいらっしゃるでしょう。

しかし、この二つの問題となっているのは

ソフトの問題です。

つまり、

原発を管理する人間やシステムの問題と、

米軍の一部に見られる規律のない下級兵

の問題を解決する努力をせずに

オールオアナッシングの風潮で

選挙の争点にするべきではありません。

エネルギーと国防の大黒柱の扱いをそのように

適当に扱うべきではないのです。


そうすると、自分の投票先は・・・・

まさかまさかの

幸〇実現党?


うーーーん、それはないだろう。。

既得特権に切り込む、と豪語している

橋本・石原さん率いる維新になりそうですね。

それでは今日もがんばりましょう!

7月15日のトレード結果

みなさん、こんばんは。

今日は休日ということで、

結構な時間トレードをすることができました。

米指標も発表され、今晩の流れの最初もできたところで、

今日は終了にします。


結果としては、まずまずですが、

この記録には載せていないスキャルの練習で

ほぼ全敗でしたので

トータルではやや勝ちです。

結果201307015

とりあえず、米市場は

先の指標により、金融緩和が継続するだろう、

という憶測か、ドルが売られている、

(少なくとも今日のドル買はなさそう)

ということで

1.3050でユロドルをロングしてみました。

レンジ下限にタッチしてからの反発ですし、

指標の内容ではドル売りですから

このままレンジ上限まで伸びてほしいなぁ、という希望です。

指値は1.3110

もちろんストップは 1.3030 においてありますので

大けがはしません。

後は明日の朝まで放置しておきます。

これで負けたらしょうがないですね。


とにかく、自分にはスキャルの才能がないなぁ・・・。

それでは。

7月15日のトレード準備

みなさん、こんばんは。

真夜中の更新となります。

7月15日の展望(3通貨60分足)
準備60分足0715

3連休って

本当にいいですね。

この二日間ほとんど何もせずに過ごしました。

現在、嫁さんと娘は里帰りしているので

自分はホームアローンの状態で、

掃除・選択・ゴミだし・料理

どの頻度も急激に低下しています。

たまにはこんな夏休みもいいかぁ、とのんびりしていますし、

何よりも

堂々とFXのチャートが見られるのが

いいですね。




さて、今日もちょっとへヴィーな話題なのですが、

中学生のいじめや自殺のニュースが後を絶ちませんね。

先生が自殺をあおったとかいろいろ報道されていますが、

結局、真実はどこにあるんでしょうか。


あのニュース関連でまず疑問に思ったことですが、

まずは部屋から見つかったというメモですが、

なぜ小出しに公表するのか、ということです。

死を決意した人間が書く言葉ですから、

一言二言をかいつまんで彼がおかれた状況や心情を

真実という形で報道するには無理があるような気がします。

個人名等、プライバシーに関わる表現は一切なかった、

ということですから全文を、そのまま一字一句漏らさず

読み上げてもいいのではないと思うのです。

自分は情弱ですが、ネットで調べたところ、

今のところ全文は公表されていないようですが・・。

なぜ、このように思ったかは単純に、

学校や教育委員会の思惑通りに進めるために

都合の良い情報から出していきたい、

というのがあったのではないかと

疑いを持たざるを得なかったからです。

これでは何のための大津事件の大騒ぎだったのか、と。


次に、担任教師の対応ですが、

事件が明るみになって、学校側の会見が行われた、

ということですが、

最初はその先生は「動揺している」という理由で

同席はしなかったようですね。

(後ほどの会見では受け答えをしていましたが)

動揺しない人などいるわけはありませんが、

もっと自分の置かれている立場を理解するべきでそしょう。

なぜなら、もっと動揺しているのは学校に子供を通わせている保護者のわけで、

彼らの不安を少しでも減らすのは当事者であり

校内の保護者でもある担任の役割でしょう。


前回のブログでも書きましたが、

先生、講師、コーチと子弟の間には信頼関係が最も重要であることは明白です。

このような緊急事態に、自ら進んで信頼関係を壊すようなことはするべきではありません。

それだけ「教師」、というのは重い立場にいるということを自覚すべきでしょう。


邪推ですが、そもそもこのクラスと先生の間に「敬い」、までは行かなくても

信頼や畏れなどはなかったように感じます。

言った、言わないの水掛け論に終始しているぐらいですから、

生徒の中には、先生に罪をかぶせて

「自殺なんてなかったことにしよう。」と

処理しようとしてい者もいるのでは、

とさえ思わされてしまいます。

万一、これが真実に近いとすると

これは先生の自業自得であり、最も悲しい出来事の一つでもあります。


願わくば、この事件の後は

生徒たちが自発的に、このような悲劇が起きないように

何かのアクションを起こしてほしいものです。


最近の授業中では、1クラスに2人の先生が常習して

教科を教えているそうですが、

もはや、朝の会から帰りの会まで2人の大人が必要な時代なのかもしれません。

7月12日のトレード結果 & 7月第2週 週刊結果

みなさん、こんばんは。

今日は久々にたくさんのトレードをしました。

今日は週のおわりでもあり、NYダウも開始から高値圏ということで

これ以降あまり大きな変動もなさそうなので一旦トレード終了にします。


結果201307012


本格復帰第一週ということで

ちょっと心配はあったのですが、

なんとかプラスで終わることができました。


ただ、これも「長期的に円安基調」という下支えがあった面が

エントリーや含み損の時の精神状態を軽くしてくれました。

ですから、弱かったメンタル面が強化された、とは言い切れないところもあります。


反省点ですが、

今週は無駄にブレイクアウトを狙いすぎた感じです。

ブレイクでとったときはとても気持ちよく、

いくぶん中毒性があるような感じです。

「今回もうまくいくかも?」

と安易に考えてよく確認せずにエントリーして

すぐに反転!&後悔!

来週はもっと慎重にブレイクを狙うようにします。

または、全く狙わずに押してからにしようかな。


いずれにせよ週末もFXの勉強しておきます。

それでは、良い3連休を!

7月12日のトレード準備

みなさん、ふたたびこんにちは。

久しぶりのトレード準備のアップです。

自分の場合はイラレで作成しているため

結構時間がかかってしまうんですよね。


7月12日の展望(3通貨60分足)
準備60分足0712


バーナンキ発言後のユーロ急上昇から

ちょっと相場が読みづらくなってしまいました。

何か、「なんでもあり」的な雰囲気で

トレンド無視の往ったり来たりを繰り返しそうな感じです。

まぁ、こういう時は無理して大きく狙わずに、

確実と思われるところを数度とって勝ち逃げ、

が良いのかもしれません。

でも言って簡単にできることではないですよね。






さて、前回の「体罰」の続きですが、

今回は中学校時代の思い出を書きたいと思います。


私は中学校時代野球部に所属していましたが、

その顧問の先生の体罰である

コンバット について書きたいと思います。

コンバットとは、その顧問の先生が野球のバットの太いほうの先端を持って

グリップの先っぽは並んだ部員に向けて

スナップを聞かせた勢いで

それぞれの頭頂を直角に

コン、コン、コン

と順番に小突くものです。

それは体罰、と呼べるほど大きな痛みはないのかもしれないですが、

たまにたんこぶができることもあります。


経験あるかたも多いかと思いますが、

中学の部活ともなると、

不条理な体罰が多くなります。

不条理というのは、つまり、

叱られている理由がわからないまま体罰を受ける

ということです。


コンバットは決まって前触れなく訪れます。


他校を迎えて練習試合をするときは

ホーム側の学校があらかじめグラウンドの準備をするのですが、

これはもちろん下級生の役割です。

基本的に下級生は上級生のいびりが怖いために

真面目に作業を行うのですが、

グラウンドを慣らしている最中に

突然全員が監督(顧問の先生)のもとに呼ばれる時があります。


この時点では何を言われるのか全く見当がつきません。

ごくたまに、

「今日の試合は下級生を中心に使う!」

というときもあるのでたまに期待したりしていました。

それでも多くの場合は苦言でしたが。


集められた自分たちが聞いたのは

「お前らの準備が遅い!」

ということでした。

そして全員に一列に並んで帽子をとるように命令するわけです。


この時の自分の心境としては

「なんで??」という疑問と、

「今日も一日良いことなさそうだな」という絶望でしたね。


何がどう、どのくらい遅かった事についての説明はありません。

ただ、彼の眼にはその日の自分たちの仕事が気に入らなかったのでしょう。


そもそも、私の覚えている限りでは

この顧問の先生の指導方法も怪しく、

「腰をつかって振れ!」、

「投げるときは手首のスナップをきかせろ!」、

「取ったらすぐ投げる!」、

などと、言っていることは正しいのですが、

子供がそれができるために必要なアドバイスや

そこまでにたどりつく練習のプロセスなどはなかったと思います。


とにかく彼の言ったことができる人、というか

言う前からできている生徒をレギュラーに据えていました。


中学生ながらうすうすとそのあたりを感じていた自分は

どうしてもこの人のもとで野球にのめりこむことができませんでした。


もちろん、チームも自分の在学中は弱かったですね。

中体連で1~2勝できるかどうかのレベルでした。


つまり、中学生ぐらいになると

物事を論理的に判断できる子供も出てくるわけで、

道理を説かずに体罰だけ行うと

指導者との信頼が崩れてしまうのです。

もしもチームを強くするために体罰を行ったのであれば

それは的外れ、というほかありません。

なぜならまず第一にチームが強くなるためには

指導者との信頼関係が必要だからです。

また、体罰によって自発的で積極的な態度は生まれません、

なぜなら、体罰を恐れる気持ちが他のすべての気持ちを消極的にするからです。

やる気、というのは

自分がやりたい、と思えるものが見つかった時にしか

湧き出てきません。

「試合に出て勝ちたい!」と思わせない限り

個々の、またはチームとしてのレベルアップはあり得ません。


この年代の体罰が効果的なのは、

命の危険があるような振る舞いに対する制裁としてです。

そのような時に体罰ができない指導者は指導者失格です。


柔道で騒がれた体罰とはまた少し違うものだと思います。

彼らは日本のトップ集団であり、

選りすぐりのメンバーをそろえているわけですから。


とにかく中学校の弱小チーム内での体罰に

何の意味があったのかいまだに不明です。

規律を整えるため?

チームを強くするため?

信頼関係を築くため?

世間の厳しさを教えるため?

そのどれもこれもが達成できたとはとても思えません。


中学生にとって不幸なのは

このような状況に出くわした時に

逃げ場がないのです。

大人になれば

職場が嫌であれば、転職したり、起業したりできるかもしれませんが、

少なくとも自分の場合は、

退部という選択肢はありませんでした。

退部してしまうと、同級生からのいじめにあうことがわかっており、

プロ野球選手になってほしいという親のささやかな夢を壊してしまい、

自分はダメな子であると思われてしまうと感じたからです。

かといって、顧問に

「あなたの指導は間違っていますよ」

ともいえるわけはありません。

ただただ、時が過ぎて卒業することだけを待つ、という状況でした。


結局のところ、

体罰がお互いの信頼関係を壊す危険性がある、

ということを指導者は認識するべきでしょうね。


それでは今夜もFXがんばりましょう!

7月11日のトレード結果

みなさん、こんにちは。

残すところ今週も今日だけとなりました。

結局10~11日にかけて若干のトレードをすることができました。


結果201307011


正直、たまたまユーロが伸びてくれましたけれど、

かなり難易度の高い相場だったような気がします。

バーナンキが何を言っても市場はドル買だと思っていたんですけど、

実際は今までのドル買いを一気に掃出し、

なぜかユーロがあの調子で上げてますもんね。

ドル円が上がらず、ユロ円がグングン上げるのには

何か違和感を感じました。


今日はゆっくりと相場に向かえそうです。

これから60足チャートでシナリオの想定に入ります。

それでは。

7月9日のトレード結果

みなさん、こんにちは。

すみません!更新が一日遅れてしまいました。

昨日はノートレでしたのでおととい(9日)のトレード結果をアップします。

チャートも準備できなかったので結果だけです。

結果20130709

ユーロが一気に下落するほんとの直前にショートポジションを閉じてしまいました(涙)

FOMCもすぐにあるし、動きが止まったかぁ、と思い

リスクを避ける上でもほんのちょっとの利益でクローズ。

そしてすぐにまっさかさまに落ちるんですから、ツキが無かったですね。


昨日はトレードできず、たぶん今日も出来なそうですので

明日からになりそうです。





さぁ、今日の後半ですが、

体罰 について書きたいと思います。

以前からこのブログに書いているように、

自分は塾講師の経験が長かったので体罰については考えさせられることが多いです。


体罰、といってもなかなか一言で片づけられるものではありませんよね。

相手や目的によって内容や頻度も変わるからだと思います。


まず、自分の子供のころの話をつづりたいと思います。

もちろん、少年時代には多かれ少なかれ体罰を受けた経験はあります。

当時は 体罰というよりは愛のムチ ととらえられていたのでしょうか、

あまり風当たりは強くなかったように思えます。


その体罰を受けた後ですが、

不思議なことに

すっきりしたて前向きになれた時

後に恨みだけが残った時

の2通りがあります。


最初にすっきりしたときのことをお話ししますが、

小学校で忘れ物をしたときにやられたあの 恐怖の儀式 です。


当時の先生は、授業が始まってから忘れ物をした人を前に呼び出し、

一列になればせて正面を向かせます。

その後児童一人一人はその顔を先生の前にさらします。

先生は、子供の両ほほを親指と人差し指でがっちりとつかみ 、

そのまま グニグニと上に持ち上げる 、という体罰でした。

その当時自分は小学2年生だったと記憶していますが、

体も小さかったせいか、宙に浮いてもそれほど痛みはなかったように思えます。

これをやられた後は、懺悔をしたのと同じ感覚で

忘れ物をしたという失敗や罪の意識が不思議と消えたものです。



今度はちょっとシリアスなものですが、

今度は小学4~5年生だったかと思います。

仲間数人で気の弱い友人をいじめていたことがありました。

ただ、いじめといっても暗いねちねちとしたものではなく、

いかにも田舎の少年らしいやんちゃなものでした。

今でも覚えている場面は、

公園の隣にある高い壁(4メートルくらい?)に全員でのぼり、

一人一人そこからジャンプして飛び降りる遊びで、

カッコいいポーズを決めたり、時にはコミカルに飛び降りて

みんなの喝さいを受ける のがその遊びの神髄でした。

という バカで丈夫なら誰でもできる意味不明なゲーム ですが、

案の定気の弱い彼は一人だけ飛び降りることができず、

周囲から罵声を浴び、からかわれ続けました。

その次の日、彼は学校を休みましたが、

阿呆な自分たちは、いじめが原因だとは知らず、

昨日壁の上にずっと立っていたし、

「あいつ風邪かな?」 ぐらいに考えていました。

しかし、彼の親からの一通の手紙が先生のもとに届けられ、

帰りの会でその手紙を読んだと思われる先生が、

いじめの当事者数名の名前を呼び、

他の児童によく見えるように立たせてから・・・

ひとりひとりの頬を

渾身の力でびんた していきました。

体の小さかったやつは 教室の端までふっ飛んで行った と記憶しています。

わざと、全員の前で体罰を行うことで

いじめ(罪)に対するけじめをつけさせたのでしょう。

その後の自分たちですが、ようやく

「ひっぱたかれて当然のことをしたよな」

と一同で納得したことを覚えています。

もちろん、そのいじめられっことはその後親友となり、

それ以降一切いじめるようなことはありませんでした。



この二つの少年時代の経験から言えることですが、

自分の心に罪の意識があるときは、

潜在意識レベルですが、その罪に対しての罰を欲する自分がいて

体罰というのはストレートにその気持ちに響くものなんだと思います。

鈍感な人間にも直接に、脳や心に突き刺さり、

否応なくその痛みと、自分の行ったことの因果関係を考えさせられるのです。

物理的な痛みを感じながら自分の過失を思い悔やむ経験というのは

少年期には必要なのではないでしょうか。

もしもあの時、体罰ではなく、言葉で

「友達は大切だからいじめるのはやめなさい。」と

聡されていたとしたら、

その後はどうなっていたのでしょう。

こればかりは終わったことですので誰にもわかりませんが・・。

ただ、一つだけ言えることは、体罰によっても

子供は過去の行動を反省し、前に進むことができる時もある、

ということでしょう。


ちょっとまじめな内容になってしまいましたが、

この続きは次回に買いたいと思います。


今週も残すは金曜日だけです。

3連休に向けてあとちょっと頑張りましょう!


7月9日のトレード準備

今日は、ほぼ連投ですね。

これからは、トレードの結果はトレード終了直後に行い、

できるだけそこで画像もアップするようにします。


7月9日の展望(3通貨60分足)
準備60分足0709


戦略は昨日とほとんど変わりません。

クロス円の押し目買い、またはユロドルのショート目線ですね。

とりあえずトレンドが変わるまではこれで行きます。





今日はブラック企業について自分の経験を書きたいと思います。

自分はほとんど塾業界で仕事してましたが、

勤務状態はというと、はっきり言って

黒より黒いブラックです。

まずは、

休みが取れません。

当然ですが、休む=授業は自習、というわけにはいきません。

どうしても休むときは代行をだてなければなりませんが、

人員の少ない塾では、休日の人を連れてこなければなりませんが、

自分の勤めていた会社では

代行の人は休日出勤とは認められません。

ですからみんな迷惑をかけまいと、

ほとんど何があっても出勤します。

たまにその空気が読めずに有給をとってしまう人もいるのですが、

間違いなく上から圧力がかかります。

場合によっては嫌がらせに他の教室に飛ばされ、

そのうち見切りをつけてやめていきます。

なお、有給ですが、

自分の意志とは無関係に

GW、お盆、年末年始の長期休暇に勝手に使われます。


自分も退社して初めて気づきました。

それまで一日も有給をとったことが無かったのに、

7日くらいしか残ってなかったんですよ!

これには唖然としましたね。

もちとん、塾長は当たり前のこととしてとらえていましたが・・・。

また、機械で書き込むようなタイムカードはありません。

会社からあらかじめ書き込まれた出勤簿が机の上に無造作に置いてあり、

社員はどのくらい働こうが、休日出勤をしようが

8時間勤務でハンコを押させられます。

自分が退社してからは、

各自のハンコは会社が管理するようになったそうです(笑)!

その後は、

「雇用契約書」とだけ書かれた白紙 が各自に届き、

とりあえず ハンコを押すように強要 されたそうです。

さすがにこれには意義を唱えた人もいたそうですが、

すぐに飛ばされそのうち辞職したと聞きました。


基本的に、われわれ従業員は授業以外は

「遊んでいる時間」と思われています。

授業準備というのはほとんど認めず、

遊んでいるくらいなら、電話をしたり営業活動に充てるように指導してきます。


もちろん給与は低いです。

時給換算ではスーパーのパートと変わりません。


たいていの常識的な人間は遅かれ早かれやめていきまが、

塾講師には特に資格は必要ないので、

ある程度の学力(大卒)の人で若ければ

即採用になります。

したがって人材不足に陥ることはありませんし、

それどころか、

いつも平均年齢が若く給与も安く抑えられます。

私が辞めた次の年の新年会は、

3分の1が新入社員だったそうです。


また、なぜ辞めない人がいるのか、ですが、

一言で言って

「やりがい」です。

子供の成長に自分がかかわる、ということに

仕事の楽しさがあります。

ですから、職場に長く残れる人は

教育熱の高い人が多く、ともに働いていて心地よいのです。

自分の子供は小さいですが、

それなりの年齢になったら

ブラックの塾に入れたいと思います(笑)。

もちろん、経営がブラックという意味で、

講師がまともなところですけど。


経営側としては

安い給与で一生懸命働いてくれるこのような人材の善意を

利用できるし、教室自体、自社物件でなければ

ほとんど先行投資も必要ありませんので

正直な話、

経営に才能など必要ありません。

必要なのは

社員の言うことなど無視して、

いかに働かせるか、

という冷淡さです。

おそらくこの方法では

保護者の信頼を勝ち得て、

ブランド力をつけて全国レベルの塾に

成長することはできないと思いますが、

社長一人はウハウハになることはできます。

それで満足する経営者が多いのは事実だと思います。


まだまだたくさんか書けることもあるのですが、

これはまた次回にとっておきます。


それでは明日もがんばりましょう!

7月8日のトレード結果

みなさん、こんばんは。

昨日は久しぶりの本気トレード!で臨みましたが、

見事に敗北で終わりました。

まぁ、結果ですのでしかたありません。


昨日の狙いはユーロドルの戻り売りを狙っていましたが、

ほとんど下げることなく一日終わりましたね。

株価もスタートから高値圏を維持でしたから

動きようがなかった感じです。

結果20130708

それでも60分足ではトレンドの変更はありませんの引き続き狙っては行きます。


これから昨日の60分足の検証を行います。

それでは。

7月8日のトレード準備

みなさん、こんにちは。

金曜日の雇用統計は想定以上に市場は肯定的にとらえましたね。

再びドル円も100円以上で引けましたし、

日米ともに期待材料に焦点があてられているような反応です。


7月8日の展望(3通貨60分足)
準備60分足0708


おおむね東京市場は好感するでしょうから

ドル円は更に上を狙いたいですね。

しかし、アジア市場で上昇した分を

「重債務国の国債がうんたらくんたら・・・」

で一気に食いつぶすことも最近は稀にありますので

欧州時間まえにはいったん区切りをつけたいです。


おそらく自分は米市場からの参加となりますが、

そこまでのチャートをもう一度確認してからの参戦です。


以前にも書きましたが、

今日から収支を残し、

トレードポイントの反省も行い、

自分のスタイルのチェックを行います。

今月は1000~2000通貨でのトレードを行い、

結果次第で来月からは

前回(4月終了時点)からの手持ち資金を最大限活用し、

まずは10万円を目標に着実に前進します。


とりあえず先週の勝ち分である 2439円 は一応軍資金に追加しますので

7月第2週開始時点の資金量は 44248円 とします。


夢の月収100万円に向かって頑張ります!




さて、やるといったからにはやります。

って、何のことかとお考えの方もいらっしゃるでしょう。

そうです、トレードと関係ないことを書く、というあれです。


やっぱり今は選挙ネタですかね。

今朝のNHKの党首討論はご覧になられた方はおられますか?

90分という限られた時間内で多くのトピックを討論するのですから

深い議論など望めるべくもありませんでしたが、

人となりを比べることができる機会としては

貴重だったと思います。


自分なりの各代表に対する評価ですが(そんな立場ではありませんがね)
こんな感じですね。

安倍総理(自民)
余裕の対応。すでに勝利を確信。
この討論でぼろをどれだけ出さずに終われるかに焦点があり、
無駄な体力は消耗したくないようで、
どんな質問に対しても今までの彼の答弁を繰り返すのみ。


山口(公明)
落ち着いて野党の質問に答える。
冷静に話す姿勢は与党としては合格点か。
安倍総理同様、今日の目的はテレビの前の視聴者に自公が仲の良いところを見せるだけ。

海江田(民主)
貧乏くじの大当たりを引いてしまった万里君。
超落ち目でありながら野党第一党の立ち位置。
アベノミクスのネガティブ面を追及できずに
橋本にダメだしコメントをもらい影の薄いまま終了。

橋本(維新)
表情から若干のイラつきが見える。
代表としての意見、というよりは個人としての意見を終始貫く。
とにかく有言実行のタイプなので討論では敵をつくりそう。
ただし、与党のすべてに闇雲に反対するわけではなく、
政策に対する判断が自分の言葉(思考)でできるのは好感が持てる。

渡辺(みんな)
なんだかんだ言ってぶれない政治家だが、融通が利かないというイメージ。
橋本同様、政策において与党への対案を用意しているようで話の論点がわかりやすい。
今回の出演でも落ち着いて受け答えをしており印象はアップしているだろう。
選挙の結果次第では野党第一党なんてことに?


志位(共産)
安定の志位さん。地道で誠実な人柄が画面からは見え、具体的政策なぞなくても人気。
都議会選挙では躍進を見せており、参院選は千載一遇のチャンス。
彼の言うところは、基本的に突っ込みどころ満載であるがゆえに
かえって突っ込めず。
もちろん、基地問題や格差問題などを語らせればそれなりの意見を言いはするが、
政権を担ってからそれらを実行できるか、といえば別問題(なのは本人もわかっている?)


その他の方々
広野ただし(生活)
もっとテレビ映りのする人はいないのか?
福島(社民)
もうそろそろ現実に目を向けてはいかが?
谷岡(みどり)
何もいいますまい。

とにかく以上の3名は、現実的な策を持って出直して来い。



すみません、政治について書くと

どうしても愚痴っぽくなってしまいますね。


それでは来週もがんばりましょう!

もう金曜日か・・・

みなさん、こんにちは。

今日は仕事が忙しくなりそうですので

いつもの準備作業が夜になりそうです。

今のところ7月2日から再開したトレードですが、

うれしいことにプラスで来ています。(だいたい +160pips & +1900円 )

来週から本格的に記録と反省をやっていきます。


今日は雇用統計の日ですが、

予想のハードルが高いですので

上振れの可能性はかなり少なそうですね。

もちろん、そのような時の上振れは激しく市場が反応しますので

黙ってドル買いの一手ですが・・・。


昨日のドラギ講演ではユーロの弱さが再確認できたようですね。

自分は詳しい内容をまだ読んでないので後で確かめます。

長期的に円が弱く、ユーロも弱い、そのうえ今日の指標でドルも弱含みとなれば、

何を買ったらいいんでしょ。

ですから、今日は昨日のような待ち伏せ作戦は使えなさそうです。

ここはぜひドルには踏ん張ってもらいたいところですね。


それでは今晩また来ます。

7月4日のトレード準備

みなさん、おはようございます(笑)!

今日は仕事の関係で朝のアップとなりました。

いきなり朝から手前味噌ですが、

とりあえず収支はプラスできています。

もちろん今までの悪い癖は完全には抜けていませんが、

損切はしっかりとしていますので今のところ破産の可能性は低そうです。

来週からは記録もつけてアップしていきたいと思います。


7月4日の展望(3通貨60分足)
準備60分足0704


今日は独立記念日ですので夜のトレードはなくなりそうです。

したがってドラギさんの後のトレードのみになりそうです。

ユーロ中心のトレードですね。





さて、いろいろな方のブログを拝見していると、

トレードとそれ以外の部分を分けて書いてらっしゃる方々が多いですね。

そのようなブログには作者のトレードに対する姿勢だけではなく、

社会に対する思い、地域に対する思い、家族に対する思いなどなど

違った角度からその方の魅力が伝わってきて

ブログをより魅力のあるものとしているような気がします。


そこで・・・


自分もこれからはちょっとそのアイディアを拝借して

ブログの内容を2つに分けたいと考えています。

もちろん時間が限られているのは承知の上ですので

いつもいつも内容の濃いものが書けるわけではないのですが、

ブログタイトルに「野望」とついている以上

何か野心的なことをしなければ、

と思います・・・・。

これまた小さな野望ですが、

どんな小さなことでもやれば必ず何かになりますし、

やらなければ何も変わりませんよね。


というわけで

次回からは前半部分はトレードのお話を、

後半部分は徒然なるままに何かを書いていこうと思います。


それでは!

7月3日のトレード準備

みなさん、こんにちは。

久々の夕方アップです。

昨日は数トレードしてみました。

1000通貨でしたが、ウォーミングアップにはちょうど良いです。

とりあえずユーロ円のロングでは大きく取れたので

60分足トレード準備の通りエントリーできたことが何よりの収穫です。

まだトレード結果は記録に残すほどではないと考えています。

7月3日3通貨60分足
準備60分足0703


今夜は重要な指標が控えていますが、

クロス円が好調なので発表までは堅調に推移しそうな感じです。

ただ、予想値よりもはるかに下の結果が出たときは

一気に巻き戻し、という可能性もありますので

21時までは小刻みにロングを、

それ以降は指標と市場の空気を読んだうえで

大きく狙っていきたいですね。

それでは。

7月2日のトレード準備

みなさん、こんばんは。

やっとこさ実弾トレード!と思っていたんですが、

昨日から仕事が忙しくて準備に十分な時間が取れなかったため

まだお休みです。

一応、自分のスタイルとしては

主要3通貨60分足チャートの分析からすべてが始まりますので

それなしではトレードはするべきではないのです。


なぜこうしたかというと、

自分の性格ゆえです。


自分の短所は

すぐにドテンを繰り返すことです。

自分のポジションが含み損を抱えだすと、

「ああ、やっぱり逆だったか・・。最初に考えたことが正しかったんだ。」

と考え即損切&反対ポジション。

しかしすぐに相場が反転し、

新ポジションも含み損を抱えだすと

「やっぱりさっきのでいいじゃんか!」

といって更に損切&新ポジション。

そしてさらに反転と・・・。

まぁ、これを何度も何度も繰り返していき、

いつの間にか少しのマイナスが累積し

結果的に大損。

このような原因は単純に、

深く考えずにポジションを持っている、

というだけですので

それを解決するには

「深く考える」ことしかない、

と思いました。

そうすれば損切にあっても

何ら後悔することはないでしょう。


また、今日の画像の一番下には

「今日のトレード」という枠で

その日のトレード戦略について書いてあります。

もちろん、これは自分の考えであり、

皆様にアドバイスしているわけではありませんので

もしも、仮にこれを頼りにポジションを持って大けがなされても

私は私以外の誰にも責任を負わないと思っております。

ですから

「他人の意見を聞いたばかりに、自分のトレードが狂ってしまった!」

という結果になりそうな方はお気を付け下さい。

(つまり、へぼトレーダーのたわごととしてお読みください、ということです。)


7月2日3通貨60分足
準備60分足0702
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。