2013年06月の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月1日のトレード準備

みなさん、こんばんは。

明日から実戦復帰ということで少し気がはやっています。

あまり気負いすぎないようにはきをつけています。

ただし、自分のスタイルが固まったわけではありませんので

7月は試行錯誤を重ねながらになります。

とりあえず、トレード前には必ず60分足チャートで

自分なりの市場う分析を簡単に行います。

基本的にはこの結果によってどのように参戦するのかが決まりますので、

エントリーよりも集中して行いたいと思っています。


7月1日3通貨60分足
準備60分足0701


スタイルとしては、

60分足で各通貨のトレンドを確認して、

それに対して順張りで行いますが、

エントリーは5分足で行います。

ポイントはサポートを外れたところ、

つまり5分足の逆張りであるが60足の順張りであるところ。

または抵抗線を上(下)抜いたところ(ブレイクアウト)、

つまり5分足も60分足も順張りになるところ。

以上のようにします。

リスクリワードはやってみなければわからないところもありますので

7月中はとくに目標は設けません。

ただし、損切は必ず25pips以内に抑えるようにします。

以前のように、この損切ルールを破ったら、

即、FX引退です!

まずは1000通貨から行い、

反省と結果もアップしていく予定です。

早く

「一万円から進まないFXの野望」を脱却したいです(笑)。

それでは。
スポンサーサイト

20連続チャートアップ挑戦一回目⑳の1と2

ついにこの日がやってきましたぁ!!!

自分以外のほとんどの方々は気にも留めていられなかったでしょうが、

自分にとっては記念すべき日となります。

なぜなら、


来週から実戦トレード解禁だからです、って

最近何度もつぶやいていますね。


月曜日はきっと気持ちがはやるでしょうが、

決めたことをきっちりと行い、

また、記録をしっかりと取って

これからも精進していきます。


5分足
3通貨5分足20130628

60分足
準備60分足0628


今日でいったんの区切りをつけますて、

次回からはチャートアップではなく

違う形になりますが、

その内容は明日ゆっくりと考えることにしますね。


とにかくこの一か月は結構きつかったです・・・。

兼業主夫兼兼業トレーダーとしては、

時間が取れるかどうかよりも、

FXを続ける意思、というかモチベーションを持続させるのが

自分にとっては大変でした。


もちろんFXなどこの世になくても生活は十分にできますし、

もしかしたらそのほうが健全なのかもしれません。

しかし、いったんやると決意した以上、

月収100万円の可能性がゼロではない以上、

(雇われていては月収100万円はほぼ可能性ゼロですし・・・)

やっぱりとことんまでやり通したいです!


さいわい、FXは初期軍資金も大切ですが、

なによりもそのトレード技術だけで

成り上がれるわけですから

ある意味、万人に公平です。


何か、ブログの最終回見たいですが、

もちろんこれからも更に続けますし、

FXもブログもここまで続けてこられた大きな原動力となったのは、

「他人に見られている」からでして、

これは決して悪い意味ではなく、

これまで来ていただいた方々の拍手やコメントがあってであり、

大袈裟ですが、

自分の存在が他に認められているんだなぁ、

と実感できました。

人間にとって他人に認められるというのは

とてつもなく大きな意味があると思っています。



この場を借りて改めて感謝したいと思います。


ありがとうございます!


さて、ここで「記事を保存」を押さなければ

一か月の努力が水の泡となってしまいますので

このへんで失礼します。

今月もお疲れ様でした!!

それでは。



たまに昼休み中に見かけるかわいいやつです。
tokage.jpg

20連続チャートアップ挑戦一回目⑲の1と2

みなさん、こんばんは!

あと一回じゃああ!!

というわけで意味もなくハイテンションです。

早速昨日のチャートです。

5分足
3通貨5分足20130627

60分足
準備60分足0627


もしも明日もしっかりとチャートをアップできたら来週から復帰です。

とはいっても久しぶりなのでたぶん1000通貨からにしておきます。

この一か月間、ほとんどがギリギリでしたが何とか有言実行を

貫いてきたことは多少とも自信になりそうです。


しかし、FXって不思議です。

トレードせずにただ眺めていると

ほんっとに簡単に見えるんですよ。

でも一旦資金を投じて行うとなると、

自分の判断に自信が持てなくなるんですよね。

そのうえ連敗が続いてくると

もうどうでもよくなって・・・・

後はわかる人はわかるでしょうね(笑)。


ただ、ひとつわかったことは、

「見てるだけ」というのは精神状態に良いこと、

です。

損得勘定なしに客観的に相場を見ることはできると思います。

もしも来週から実戦を始めるとなっても

このような平常心はキープして

傍観者でありつつ参加者でいきたいと思います。


それでは明日です!



琉宮城蝶々園の蝶々です。
気持ち悪いぐらいうじゃうじゃいます。
chocho.jpg

20連続チャートアップ挑戦一回目⑱の1と2

みなさん、こんばんは。

20連続チャートアップもようやく終わりが見えてきました。

最後の最後でチョンボしないように気をつけていきます!

昨日のチャートです。


5分足
3通貨5分足20130626

60分足
準備60分足0626


またまた、昨日の続きになるのですが、

自分で引いたラインに自信が持てるかどうか、

というのもとても大切なことだと思いました。


有効な抵抗線というのは自分の中では

おおむね次のようなものと考えています。


値が抵抗線に接近するにつれて売買が増し、

上下の髭をつけたロウソクが多くなり、

抵抗線を超えられなかったときは大きく反転を、

超えたときはそのまま値をグンと伸ばしていく。


このような抵抗線をより多く見つけられると、

勝ち負けがはっきりするトレード、

つまり、損切や利確が明確になるトレードが

できるのではないかと思います。


もしかしたら検証のためにオシレーターを導入するかもしれません。

MACDあたりを試そうかと考えています。


そろそろ念願の固定したトレードスタイルが出来上がるかも?

それでは。



先日娘と動物園にいったときのウサギです。
あまりに不細工で・・・。
usagi.jpg









20連続チャートアップ挑戦一回目⑰の1と2

みなさん、遅くなりましてこんばんは。

今日はこれまで一番遅い時間帯のアップです。

5分足
3通貨5分足20130624

60分足
準備60分足0625

昨日の続きですが、

抵抗線やトレンドラインをどのように使うかについて、

次のように考えていきます。


順張りまたは逆張りの成功率やリスクリワードを

条件別に調べていき、

長期的に見て勝率が60%を超えるようなポイントを探していきます。


言葉にすると簡単ですど、

これはかなり根気のいる作業になりそうです。

それでも少しずつ手ごたえがつかめてきたら

小額ながらでも実弾トレードをしていきます。


今日は時間が無いのでここまで。

それでは。

20連続チャートアップ挑戦一回目⑯の1と2

みなさん、こんばんは。

今週が、20連続チャートアップの最終週となります。

(もちろん、最後まで続けばですが・・・)


今日からチャートの配置をを少し変えてみました。

自分なりにより実戦的にしたつもりです。

もちろん、作成に多少の時間がかかりますが、

チャートと真剣に向き合う、という意味では

とても良い変化だと思います。


5分足
3通貨5分足20130624

60分足
準備60分足0624


さて、これからが重要なことですが、

自分のトレードにどのようなエッジを持たせるかです。


チャートに書き込むラインには自分なりのルールをしっかりと持たせられるようになりました。

これがまずは、Dragoncoo流の第一の矢にあたるものかもしれません。

まずは、すべての根本となるチャートの見方を統一しました。


それでは第二の矢は何になるべきでしょうか?


それは、もちろんエントリーとエグジットにどのようなルールを持たせるかです。

例えば、チャート上に引かれたラインをどのように使うのか、

でエントリーポイントが変わってきます。

最もシンプルに考えるならば、それには二通りあると思います。


一つは、

あるラインに触れたら、または触れる直前にエントリーし、

反発を期待するトレード。つまり逆張り。

もう一つは、

あるラインを割るのを待って、値動きの勢いに合わせてエントリーし、

利をのばしていくトレード。つまり順張り。


この二つのトレードは完全に相対するトレードになりますよね。

性質が全く違うものですから、

大きな一つの枠ではくくらないほうが良いでしょう。

仮にも、エッジの効かせたトレード手法を生み出そうと決意しているのならば、

単純に「順張りと逆張りの二刀流でやって行こう!」とはならないような気がします。


結局は、第二の矢とは

利益を出すための方法を固定すること、

かもしれません。

これは自分が昔から感じていた

トレードに先発3本柱とクリーンアップを固定する、

ということかもしれませんね。


今週はそのあたりをよく考えてチャートを作成・検証していきます。

それでは。


春先のドラゴンズキャンプです。
間近で選手が見れるのも沖縄県人の特権ですね。
dragons.jpg

20連続チャートアップ挑戦一回目⑮の1と2

みなさま。今週もお疲れ様でした。

今週は大きなイベントが続いたので大きく取れた人は

それなりに満足できたのではないでしょうか。

腰を抜かすようなサプライズもなく、

欧米日ともほとんどが想定内の範囲だったように感じ、

したがって値動きもある程度予測できたように見えます。

まぁ、トレードをしていない人が言っても説得力が無いですがね(笑)。


さて、昨日のチャートです。

5分足
3通貨5分足20130621

60分足
準備60分足0621

結果的に見ると、ユーロが大きく売られました。

ただし、その割には円買いには大きく傾きませんでしたね。

やはり投資マネーもどのようにしたら良いのか困っているように見えます。

このような時は、

どこか重箱の隅をつつくように、

さほど大したことのない問題を大袈裟に取り上げて

市場心理を不安にしようという勢力が出てくるような予感がします。

となると、また欧州債務問題か?ということですが、

何が来るのか来週の頭を待ちましょう。

債権価格上昇による弊害があちこちに飛び火して、

となるのかもしれませんね。

とりあえず来週は新展開が期待できるかもしれせん。


とりあえず、第3週も無事に乗り切りました。

来週は最終週なので気合を入れて頑張ります!

それでは。


先日居酒屋で食べた沖縄名物のラフテーです。
rafute.jpg

20連続チャートアップ挑戦一回目⑭の1と2

みなさん、こんばんは。

今日も締め切りギリギリのアップですわ・・・。

行ったことを守るって結構大変なことですね。

さて、昨日のチャートです。

5分足チャート
3通貨5分足20130620


60分足チャート
準備60分足0620


これからは為替の焦点はドルに移ってきていますね。

注目度としては

ドル → 円 → ユーロでしょうか。

バーナンキさんが出口戦略を示唆したことで、

米指標がこれからもっとも注目されることになりそうです。

しばらくは金融緩和縮小による資金引上げ等で混乱するでしょうが、

いずれは円高ドル安になりそうです。

われわれトレーダーにとっての問題は

それがいつから本格化するか?ということでしょうね。

円側から見れば、

黒田さんの金融政策は無効しばらくは変更が無いでしょうから

基本は円安目線でしょう。

ですから安全資産としての円の価値は常識的に考えれば

以前とは異なり、半減するはずですが

ネガティブニュースのときの市場の反応はどうなるでしょうか。

ドル側から見れば、

一度は大きくドル安に振れてから徐々にドル高、

とういのが自然な成り行きだと考えています。

そうするとユーロはそのどちらの影響も受けてしまうので

大きくは動けなさそうですね。

しかしながら、再びユーロ債務危機がフォーカスされると

主要通貨の為替の方向が全く分からなくなります。


結局はしばらく神経質な展開が続くんでしょうね。


今週もほとんど終わりですね。

明日は仕事が無いのでゆっくりとFXの勉強の時間が取れることを祈っています。

何とか今週もチャートアップの挑戦が終われそうです。

それでは!


ちゅらうみ水族館のイルカショーです。
コミカルで面白いですよ。
iruka.jpg


20連続チャートアップ挑戦一回目⑬の1と2

みなさん、こんばんは。

本日未明のバーナンキ爆弾はかなりの威力を発揮したみたいですね。

とりあえず、結果的には円安に振れているので

アベノミクスにとってはなんとも願ったりかなったりの展開になっています。


チャートのアップですが、

昨日に引き続き、ギリギリのアップになっています。

60分足
準備60分足0619


5分足
3通貨5分足20130619


大変な中でも今のところ有言実行である自分に少し喜んでいます。

この調子なら予定通りに復帰しても

その後、気持ちが切れずに続けられる気がします。

いまさらですが、

ラインを引くだけではなく、

イベントそこに至るまでの経過もしっかりと考え、

文字にして表現しようとすると

より深く、市場で何が起きているのかを把握することができますね。

これは結構大事なことで、

トレード前のバイアスに支配されている状態を、

一度リセットし、

数値で表現できる事実と、

数値で表現できない市場のセンチメントを

公平な立場でジャッジすることに役だっているような気がします。


もしも数値だけでトレードが勝てるのならば、

綿密にプログラムされたシステムトレードで勝てるでしょうが、

実際はすべてがそうなるわけではないですよね。

やはり、人間にしかできないアナログの部分も

長期的に勝つには必要だと思います。

このアナログの部分というのは

市場のセンチメント、

言い換えれば一人一人の心理状態になるのかと思います。


スポーツにおいても心理はゲームの流れを大きく作用しますよね。

昨日のサッカーにおいても

日本が2点目をとった時点で

多くのファンやもしかしたら選手も

勝ちを意識してしまったのかもしれません。

実際、自分は「最悪でも引き分けでしょ」と思ってました(笑)。

でも、実際にはその後、1点を返され、

守備陣のミスからオウンゴールを献上しました。

この時点でほとんどのファンは嫌な予感を感じたと思います。

最悪でも引き分け、というシナリオが

いとも簡単に、しかも最も望まない状況で壊れたわけですから

各選手に与えた影響はとても大きかったのではないでしょうか?


FXで言えば、

下値の100円は堅い!

とみんなが考え、大量のロングを仕込んだ直後に

そのラインがいとも簡単に破られたら

ほとんどの人は動揺して正確な判断ができなくなると思います。

つまり、意表を突かれた形で心理状態が混乱すると、

チャートもやはり異常な形で反応するのかもしれませんね。


今度時間があったら市場の心理の本でも読んで勉強してみます。

(今は娘の関係で、教育関係の本ばかり図書館から借りています・・・)


それでは。


名護にあるパイナップルパークです。
NagoP.jpg

20連続チャートアップ挑戦一回目⑫の1と2

みなさん、こんばんは。

今日はブログのアップがちょっと遅くなりました。

兼業主夫兼兼業トレーダーだとなかなか自由な時間が取れないですね・・・。

それでも、有言実行!を目指して頑張りますよ!

60分足チャート
準備60分足0618

5分足チャート
3通貨5分足20130618


まぁ、予想通りFOMCまでは静かな感じですね。

大きく動いているように見えますが、

一方的な感じではなさそうです。

とりあえず、今日はバーナンキさんの発言で大きく動きますので

朝方の動きに相乗りさせてもらうのが良いでしょうね。

それでは。



自宅近くの海です。
umi.jpg


20連続チャートアップ挑戦一回目⑪の2

みなさん、こんばんは。

今週は欧米で大きなイベントも多いので結果的に大きく動いた週になりそうな予感です。

イベントまでに小さなレンジで推移し続けるとその反動で大きく動くとも思っています。


昨日の5分足チャートです。

3通貨5分足20130617

線引きもだいぶスピードが上がってきました。

値動きにもよりますが、一枚を仕上げるのにも時間をかける必要がなくなり、

同時に線を引きながら次の動きを予想するくらい余裕も出てきました。

少しずつ復帰えへの手ごたえを感じると

一秒でも早くトレードしたい!!

と気がはやってしまいますが、

何とかそこは決めたことをやりいるまでは我慢ですね。


これからは今日のように(時間があれば)

一日で2枚の画像を作成・アップしていくつもりです。

60分足で流れをつかんで、

5分足でエントリーのタイミングを計る、

この作業を今週は続けてチャートに対する理解を深めていきます。

それでは。


自宅近くの夕焼けです。
(ちょっと画像がぼやけてますが・・・)

photo.jpg

20連続チャートアップ挑戦一回目⑪の1

みなさん、こんにちは。

今日からまた一週間が始まりましたね。

アベノミクスといい、サッカー日本代表といい、

何か不穏な空気が漂い始めていますが、

今週は何とかすべて払しょくしたいものです。


というわけで、変化が求められる今週は、

60分足チャートを先行してアップしていきます。

これはトレード前に過去1週刊ほどの60分足チャートで

これまでの経緯をざっと復習し、

これからのシナリオをいくつか用意するために使います。


準備60分足0617



まだまだ実験段階ですが、

今週はここからいろいろなものを足し引きしていき

実戦で力になるようなツールに仕上げていきたい考えています。


それでは今週もがんばりましょう!!

20連続チャートアップ挑戦一回目⑩

みなさん、こんばんは。

今日で20連続チャートアップの挑戦も半分になりました。

今のところ、アップ忘れもなく順調に来ていますし、

チャートと向き合う時間もなんとかして取れています。


さて、去年の夏ごろに行っていたチャートの検証手順を何とかして

現在に取り入れていこうと考えていますが、

少しずつ形にしていく予定です。


準備するチャートは2種類ですが、

実際のトレードの前に行う作業が

過去一週間ほどの長さの60分足のチャートに

抵抗線とトレンドラインを引いたもので

その日の大まかな流れを頭に入れます。

こんな感じです。

3通貨60分足20130617

まずはシンプルに考えていきたいと思っています。

例えば、60分足で下降トレンドであれば

5分足チャートでの戻り売りの割合と利確幅を増やしていく、

のような感じですね。

もちろん復帰までにまだ2週間ありますので

これから検証していきます。


そしてトレード後には5分足チャートで反省を行います。

こんな感じですね。

3通貨5分足20130614

今はトレードを行っていませんので

チャート上にはトレードの後は残っていません。

早ければ来週から仮想トレードとして記録を残していきたいですね。


とにかく、以前は

時間が無いので・・・としてあきらめてしまったトレード準備と検証を

これからは無理を承知でやっていきます。

これでだめなら仕方ないですもんね。

それでは来週もがんばりましょう!


ところで先日アパートの階段にこんなものがいました。

kani.jpg


20連続チャートアップ挑戦一回目⑨

みなさん、こんばんは。

しっかりとチャートと向き合おうとしてからもうすぐで2週間です。

今のところ順調に復帰への道をたどっているようです。

それでは昨日のチャートです。

3通貨5分足20130613


ちょっと去年やっていたことを振り返ってみると、

チャート検証は基本的に1日に2回行っていました。

まずは、欧州時間が始まるまでに60分足チャートを見直し、

高値・安値・トレンド変換が確認できる値などを記録します。

そのうえで予定されている経済指標とそれまでのセンチメントなどを考慮して

考えられるシナリオをいくつか用意します。


実際のトレードはだいたい16時から始めますが、

夕食の支度や家族の時間などでエントリーとエグジットができるのが

16時~18時と22時~1時くらいでした。


その日のトレードに見切りがつけられる時間帯(0時~1時)から

その日の5分足チャートに抵抗線やトレンドラインを引いていき、

トレードの反省を行っていました。


実際にこれを行っていたのはほぼ一か月くらいなのですが、

ちょうどそのころに仕事が決まってしまったので

あえなく中断することにしました。

本格的にやろうとするとどうしても

他の時間を削ってこのための時間を作らなければならなくなりますね。

仕事を続けてからも細々とトレードは続けていたのですが、

現在もトレードスタイルが固まっていないように

いまいち中級者から抜け出せないまま時間が過ぎてしまっています。

今回は復帰までにこの殻を打ち破りたいと思っています。

それでは。


ところで沖縄にはこんな物件もあります(笑)。

apart.jpg

20連続チャートアップ挑戦一回目⑧

みなさん、こんばんは。

今日の日経はまた下げたそうですね。

これだけボラリティが高いと

腰を据えて資金を投入することは難しいのかもしれませんね。

自分は株をやったことはないですが、ここ数日のように大きく下げたニュースや、

どうせ儲かるのは一部の汚いヘッジファンドだけ、

みたいな風潮にマスコミがしてしまうと、

これから投資してみよう!とする意欲もなくなるのかなぁ、

と考えてしまいます。


まぁ、そもそも経済の規模が大きくならない限り、

株価の持続的な成長はあり得ないのですから現状では仕方ありませんね。


さて、昨日のチャートです。

3通貨5分足20130612

今回は、去年の夏ごろ(専業主夫だったころ)に行っていた作業の一部を

付け足しました。

当時は、時間に余裕がありましたので結構いろいろなことに挑戦していました。

(もちろん資金が無いのは今も昔も相変わらずですが・・・・)

しかし、振り返ってみると、

「割といいことしてたじゃん。」

と感じ、これからのチャートアップに何とかして組み入れていこうと考えました。


現在はフルタイムではありませんが、仕事をしていますし、

以前と同様に家事のほとんどは自分がしていますので、

時間の余裕があるわけではないのですが、

(働き出したのに資金が乏しいってどういうこと?!)

仕事に対する慣れも出てきたことと、

やはりFXで成功したい!という思いで

大変だとは思いますがもう一度去年を思い出して挑戦してみます!


もちろん、チャートはこれが最終形ではありません。

もっともっと進化させていきます。

これからもよろしくお願いします。

それでは!

20連続チャートアップ挑戦一回目⑦

みなさん、こんばんは。

今日の沖縄もほんと暑かったです!

梅雨らしい梅雨も長く続かず、このまま夏に突入するんでしょうかね。


ところで、沖縄の天気って本当に変わりやすく、

天気予報もそれほど当てになりません。

予報:雨 → 実際は晴れ、

は許せるんですが、

予報:快晴 → 実際は大雨、

というのもよくあります。

沖縄は小さい島国でちょっとした気圧の変化などを受けやすいんでしょうが、

朝に干した洗濯物が帰ってくるとずぶ濡れに、

なんてこともあるので勘弁してほしいです。


さて、昨日のチャートです。


3通貨5分足20130611


チャートのアップにもだいぶ慣れてきて、

時間をかけずに統一されたルールで線を引けるようになってきました。

明日からは、今のチャートにもう少し手を加えて

より実戦に近づけたいと思います。


とりあえず、無事に20日間連続でチャートをアップできたら、

1000通貨の取引で復帰することにします。

そのごある程度の期間を見てプラスを維持できているようなら

4月以前のようなトレードに戻します。


10000円の原資から月収100万円になる夢を求めて

さらに頑張ります!

これからもよろしくです。

それでは。

20連続チャートアップ挑戦一回目⑥

みなさん、こんにちは。

月曜日から今のところは、先週末のような嵐の展開とはうってかわって

平穏な滑り出しとなっていますね。

また今週もがんばってチャートをアップしていきます。

3通貨5分足20130610


さて、先週から考えていたことですが、

そろそろエントリーポイントの選定に移りたいと思っています。


皆さんもご存じのように、私のチャートには

抵抗線(直近高値・直近安値)、トレンドライン、ボリンジャーバンド

この3つしか基本的にはありません。

今のところこれ以上に何か足す予定はありませんし、

できるだけルールはシンプルにしたいと考えています。

ただし、時間足は5分足のもののほかに、60分足も考えています。


今考えているのは、5分足チャートにおいて、

上昇トレンドが頭打ちになってからの下落を狙ったトレードです。

どのタイミングのエントリーが一番良いのか、

ライン記入済みの過去チャートでじっくりと検証していきます。

まずは手法一つでいいのでじっくりコツコツと磨いてきます。

それでは!

20連続チャートアップ挑戦一回目⑤

みんさん、今晩は。

昨日の雇用統計ですが、終わてみれば落ち着くところに落ち着いた感じですね。

というか、年始あたりからしっかりと円売りを仕込んでいた

投機筋の期待通りの結末?って感じに思えます。

1ドル100円を超えた時には、

「これはこのまま一気に突っ走るのか??」と匂わせておいて、

日本の個人投資家かドンドン資金を担ぎ出した挙句の暴落ですもんね。

資金に余力のない弱小投資家は、株も為替も全て吹っ飛んだ人もいるのかもしれません。

ただ、資金が潤沢にある人はこのまま年末まで寝かせてもいいような感じですが、

単なる貧乏人の妄想ですかね。


で、やっぱり大口の投機筋って、

自分達の大量の円売りポジションを一気に決済するときは

トレンド変換のタイミングを狙って行い、

同時に新たな円買いポジションを持ったりするんですか?

それともいくら大口と言ってもチャートは思ったようには動かせないんですかね。

気になります。


さて、昨日のチャートです。

3通貨5分足20130607

何とか無事に一週間を終えられました。

大したことはやってないんですが、結構充実感はあります。

やっぱり行動することで気持ちも前向きになれるもんですね。


この一週間、これからの課題も多く見つかりました。

とりあえずまずは一つでいいので、

トレードポイントを探していきます。

できれば来週末までには2~3パターンのトレードルールを作って

再来週からチャートに模擬トレードとして書き込んでいきたいですね。

その後修正を重ねたうえで実戦復帰といたしましょう。


今週は値動きが激しかった分、精神的につかれた方もいらっしゃると思います。

明日は十分に休養をとって英気を養いましょう。

それでは!

20連続チャートアップ挑戦一回目④

みんさん、こんばんは!

ただ今、チャートを見ていますが

雇用統計後の動きが荒れ狂っています!!!!

こんな荒波の中で100万通貨でトレードしたらどれだけドキドキするか・・・

って絶対にできないですけどね。



さて、本題ですが、

昨日のチャートです。

3通貨5分足20130606

ものの見事に市場参加者の予想の上を行く円買いでしたね。

円の下値は絶対に堅い!と思われていただけに

一気に破られるとパニックになって売られまくったようです。

期待先行が一旦破裂したようですが、

経済政策で言えば、結局はまだ何も始まっていないので

アベノミクスバブル開始時点から下がることはないような感じですが・・・。

95・96円台で月曜日を迎えられたら絶好の押し目かもしれませんね。

仮にこの低調が参院選まで続いたとしても

対抗馬が見当たりませんので

自民党の絶対優位は動かないでしょうし。

自分が復帰するころにクロス円は日足レベルでの緩やかな上昇

というトレンドになってほしいなぁ、と願っています。


ところで、最近思うのですが、

2か月前の黒田さんの金融緩和=お札の増刷(?)の影響で円の価値は下落しました。

うまい具合に円安基調になったのですが、この一週間でほとんど戻しましたね。

まぁ、実際に通貨供給を全て行った結果として円安になったわけではないですが、

お金を刷っても刷ってもその価値が変わらない、っておかしくないですか?

昨日からの円高局面にしても、ドル金利や通貨供給量に変化があったから起きているわけではなく、

あくまでもドルの先行きの期待が多少の落胆に変わっただけです。

そのセンチメントの変化で異次元通貨供給のインパクトが打ち消されるのですから、

お金の価値って結局何で決まるのでしょうか?

ほんとよくわかりません。


あと、日本の政治家はなぜ

「政治は市場のために行っているのではない。」

などという、わざわざ言う必要の全くないコメントを残したがるのでしょうかね。

とりあえず、思ってても言うなよ、と。

言うこと自体が市場に対するメッセージになっていることになぜ気づかないのでしょう?

市場のお金は汚いお金だとでも思っているのでしょうか?

このようなセリフが真面目に仕事をしている証拠だとでも思っているのでしょうか?

市場心理にグサッとくさびを打ち込むような

気の利いたコメントができる人材は国会にいないのですか?


dragoncooならこう言いますが、

「明らかに一時的な投機マネーの氾濫の結果により円の価値が必要以上に

適正と思われるラインからかい離したときは

いつでも介入を行う準備があるが、

今回の経済施策には相当自信があるうえ、

現段階で第4・第5の矢も出来つつある。

参院選で勝利し盤石の態勢をき築くことができたときは

さらに経済は成長すると思っている。」

暗に「円買い」はリスクが大きい、ということを市場に知らせれば良いだけです。

これだけでいいじゃん。


もちろん、タイミングの問題もあります。

サポートラインを割るかどうかの瀬戸際で無責任発言もいけないでしょうし、

高値更新し、天井がそろそろ見え始めているときに

ポジティブニュースをやってしまえば、その価値は半減してしまいます。

経済に精通していることを自負する政治家なら発言のタイミングにも気を使ってほしいものです。

言いたいことを言いたいときに言う、そんなのは評論家の仕事に取っておいてあげてください。


すみません、今日も愚痴ばっかりで・・・・。

それでは来週も頑張りましょう!

20連続チャートアップ挑戦一回目③

みなさん、こんばんは。

今週は株も為替もパッとしない日が続いていますね。

どこの国も金融緩和で余分なお金がだぶついてはいるのですが、

その投機マネーも、実体経済が回復しない中

なかなか投資先が見つからずに

あっちこっちに手を出してはすぐに引き上げているように見えます。

投資マネーが、弱い実体経済を弄繰り回すので

なおさら実体経済が回復しない、

という悪循環に陥っているのかもしれません。


お金を刷るのは簡単ですけど、

刷れば刷るほど手に負えなくなってくるんでしょうか。


さて、それはおいといて、

今日が連続3回目のアップです。

毎日のチャートアップも結構楽しんでやっています。

3通貨5分足20130605

同じことを何度もやってると、

たまに違和感?を覚えることがあります。

今までのパターンならこうなるはずなのになぁ、のように

現在の記憶と過去の記憶の照合の結果、

自然と頭にひらめくことってありますね。

また、6月5日のチャートはあきらかに

ユーロとドル主導の為替の動きでした。

こういう時はクロス円はユロドルの影響下での動きになるので

トレンドに乗る、というよりは逆張りで小さく狙うべきなのかもしれません。


来週は再び株高円安に向かいますかねぇ。

それでは。

20連続チャートアップ挑戦一回目②

みなさん、こんばんは。

最近のドル相場ですが、経済指標がどっちに転んでもドル安になっていますね。

指標良好 ⇒ 金融緩和縮小懸念 ⇒ 株価下落&ドル売り
指標悪化 ⇒ 経済先行き不安 ⇒ 株価下落&ドル売り

ただ、単純に円売りドル買いポジションを早く閉じたいだけに見えますね。


さて、無事に連続チャートアップも2回目です。

3通貨5分足20130604

これで復帰まであと18回になりました(笑)。

とにかくチャートを平常心で見ることに集中していきます。

その間に実際のチャートと自分の引いたラインがどのように関連しているのか

よく見極めて自分のトレードに活かしていきます。

それでは。

20連続チャートアップ挑戦一回目①

みなさん、こんばんは。

もうすでにアベノミクス崩壊などと騒がれている節がありますが、

もうちょっと冷静になってみてみましょうよ、という感じですかね。


そもそもアベノミクス、という言葉の定義自体があいまいなので

何がどうなれば成功で、どうならなければ失敗なのか

はっきりしていませんが・・・。

とにかく参院選に大勝利してねじれ国会がなくなってからが

自分にはやっとスタートに見えます。


これまでの政治と言えば、自己保存機能に長けたマスコミにいいだけ振り回されて

まともにものを判断できない洗脳された有権者主体の選挙で選ばれた

表面的で薄っぺらいアピールをバカの一つ覚えのように連呼する議員による

足の引っ張り合いの四流コメディーショーに

バカ高い税金をむりやり徴収された記憶しかありません。


さて、毒も吐ききったところで今日が記念すべき復帰へ向けた一回目です。

検証(3通貨5分足)2013060

チャートにはかなりシンプルなラインしか引いていませんが、

この、あまり深追いしない単純作業のライン引きを大切にし、

一定のルールで瞬時に引けるように訓練していくつもりです。

もちろん、これからチャートをアップしていく過程で

修正や補足が必要だと思われる時は躊躇なく行っていきます。


それでは三日坊主にならないように気を引き締めてやっていきます。

それでは。

6月が始まりました!

みなさん、こんばんは。

復帰に向けてギアを上げているdragoncooです。


さて、今日から6月ですね。売り逃げの5月がようやく過ぎましたので、

先月から続く円売りの調整は終わり、ふたたび円安傾向が強まるのか、注目ですね。

と思いきやいきなりドル円が100円を割っています!!

クロス円高というよりは、ドル全面安の様相です。


今回は、明日から予定している「20日連続チャートアップ」の準備として、

5月15日のチャートを使って試作をアップしました。


検証(3通貨5分足)2013051


dragoncoo流のチャート内のトレンドラインや抵抗線の書き方ですが、

一日のチャート幅は、13時から29時まで区切ります。

トレンドラインや抵抗線の引き方ですが、

まずは、13時から16時まではオープンにしますが、

16時以降の情報は、実際のライブのチャートを見ているようにするために、

最初は隠しておき、少しずつずらして表示するようにしていきます。

そして、ここからチャートに書き込んでいくのですが、

大切なポイントとしては、ラインが引けると判断できた時間からラインを引いていきます。

つまり、ラインの始点をはっきりと残すことで、

いつ、どんな理由でそれぞれのラインを書き込んだのかが分かるようにするためです。

もしも何も隠していないチャートを後から見てラインを書き込もうとすると

何の苦労もなく、一瞬で上昇トレンドなのか、抵抗線がどこになるのかなどがわかってしまいます。

しかし、実際の相場はいつも手探りで、一秒先のことさえもわかりませんので

自分の判断のみを頼りにエントリーからエグジットまで持っていかなければなりません。


検証とはこのような未知の領域において、

あくまでも確率に基づいた適切な判断力を養うためのものであるべきでしょう。

結局、チャート検証で最も重要な事の一つは、

いろいろな場面での判断力を鍛えることにあるのだと思います。

もちろん「判断力」と言ってもいろいろあります。

例えば、エントリーポイントの判断、エグジットポイントの判断、

数量の判断などのトレードん成績に直接に関わる判断もありますし、

トレンドの始まりや終わりの見極めの判断、抵抗線の有無や位置の判断、

V字やヘッドアンドショルダー等の判断など、

より重要な判断を行うために必要な数々の判断もあります。


上昇トレンドと判断したらロングを狙います。

しかし、上昇トレンドとはっきりわかるのは、いつでしょうか?

そうだとわかった時には、もうすでに上値抵抗線にぶつかり

上昇が弱まるのではないか?

もしそうだとしたら次の押し目はどのあたりになるのか?

その時の利益の目安はどのくらいになるのか?

もしかしたら実際にはトレンド変化の可能性もあるのではないのか?

などなど迷いだしたらきりがありませんし、

きりがあると思うのが間違いかもしれません。

しかし、実際のトレード中にこのように迷ってしまうと

適切な判断ができなくなってしまうのも事実です。


自分の手法に一貫性を待たせ、軸をブレなくするためには、

やはり何と言ってもチャートを見る目に一貫性を持たせることだと思います。

その訓練としてこれから20回連続でコツコツとやっていきます。

それでは。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。